どうも、元道(ゲンドウ)です

 

僕は20歳くらいまで

猫背にずっとずっと悩んでいました

 

その理由は

猫背の原因が

分からなかったからです

 

家族や周りの人から

「姿勢を正しなさい!」とか

「意識が足りないんだ!」とか

「猫背だとカッコ悪い」とか

「猫背だとだらしない」とか

 

ずっと言われ続けてきました

 

いっそのこと

「猫背の矯正手術を受けようか?」

と考えていた時期もありました

 

あなたも同じような

経験をしているかもしれません

 

そして、猫背の原因について

長年考えているうちに

 

多くの人が望んでいる

「猫背の矯正」が

「やってはいけないこと」

だと気づきました

 

僕がそう考えざるを得ない

理由について解説します

 

ありがちな猫背の原因と治療法

 

「猫背の原因」

でグーグルを検索してみても

 

「~猫背になる原因~」

 

「猫背の原因と治療」

 

というサイトが載っていますが

 

猫背の原因って

どんなサイトや本を読んでみても

大抵は

 

・姿勢の意識が足りない

・筋力や体力が足りない

・体が固くなっている

 

の大きく分けて

3つしか取り上げられません

 

だから、猫背の治療と言えば

 

・姿勢の意識

・矯正器具の使用

・筋トレで背筋強化

・ストレッチ

 

ということが挙げられます

 

でもあなたはこの話は

聞き飽きているし

 

散々実践してきたのに

全然努力が報われずに

疲れていると思います

 

でも、実はそれは

幸運なことなのかもしれません

 

イメージが先行しすぎた猫背の原因

 

猫背と聞くと

「背中が丸い」

「背骨が曲がっている」

というイメージがあるので

 

どうしても

意識が背中に集中します

 

だから多くの人は

「背筋や背骨に

猫背の原因があるに違いない!」

と思い込んでいます

 

現代社会では

勉強や仕事のために

ずっと机に向かっている

人が多いので

 

同じ姿勢になって

背筋が衰えてしまうので

姿勢が歪んでしまう

 

そう思う気持ちも分かります

 

しかし、本来

体に少しくらい歪みが生じても

 

一晩寝たら歪みが

元に戻るはずなのです

 

でもそれができないなら

猫背になってしまいます

 

その原因を考える必要があります

 

猫背の原因が内臓にあるということは?

 

僕の場合は

猫背の原因が「内臓」に

ありました

 

ちなみに背筋や背骨には

全く問題がありませんでした

 

もちろん、健康診断などで

毎年のように

レントゲンを撮っていましたが

 

異常は見つかりませんでした

 

体の中の様子を考えてみると

 

背骨の前には

肺や肝臓などの内臓があります

 

内臓の前には

肋骨がありますね

 

肋骨と背骨で

どちらの方が

 

「動きやすいか」を

考えてみると

 

どう考えても

肋骨より背骨の方が

動きやすいですよね?

 

内臓に異常がある場合は

萎縮して小さくなることも

ありますが

 

大抵は内臓が膨張します

 

異物が貯まってしまい

内臓が膨張することで

肋骨や背骨が圧迫されて

 

動きやすい背骨の方が

内臓に圧迫されることで

猫背が起きてしまいます

 

僕の場合は

肺と肝臓の膨張が原因で

猫背という症状が出ていましたが

 

喘息や慢性鼻炎などの

症状も出ていました

 

呼吸にとって

重要な役割を果たす肺と

 

異物を処理で

重要な役割を果たす肝臓に

異常があったら

 

それが原因で

喘息や慢性鼻炎が

起きていても

不思議ではありませんよね?

 

猫背の原因が

喘息や慢性鼻炎の原因にも

なっている可能性があります

 

そして、この記事で

一番言いたいことは

 

内臓に猫背の原因があって

内臓が膨張している状態で

 

「猫背を矯正しても

大丈夫なの?」

ということです

 

「猫背になると

内臓に負担がかかる」

とよく言われますが

 

僕から言わせてもらえば

猫背の原因を放置して

 

筋トレ、ストレッチ、

姿勢の意識、矯正器具

そして矯正手術を受けて

 

見かけ上、猫背を改善しても

内臓にとんでもない負担が

かかってしまう

 

ということです

 

つまり、

姿勢の矯正をしているつもりが

「内臓の歪み」に対して

「姿勢の歪み」を

追加してしまっている

ということです

 

だから先程

 

「猫背を改善する

努力が報われなくて

幸運でしたね」

という言い方をしました

 

最近は

「意識していないと

猫背になってしまう」

という人が増えています

 

そういう人たちは

「姿勢を正すために」

「内臓に負担をかけないために」

猫背にならないように

姿勢を意識しているつもりが

 

実は

猫背の矯正をすることで

内臓に多大な負担を

かけてしまっていて

 

将来的に猫背以外の

症状に悩まされることになる

 

という悲惨な結末を

迎えてしまいます

 

そうならないためには

情報を鵜呑みにせず

先入観を持たずに

 

猫背の原因を考えて

取り除くことが大切です

 

そうすれば、

猫背の矯正手術も

受けずに済みますね

 

まとめ

 

・猫背の原因が内臓にあった

・猫背を矯正するとかえって内臓に負担

 

猫背に対して

勝手に先入観を持っていると

 

方向性を間違えた

努力を続けてしまい

 

その努力が報われるどころか

猫背以外の症状を

引き起こしてしまいます

 

猫背の原因にたどり着いた

経験を活かして

 

猫背以外の症状でも

 

実は意外なところに

原因がある症状の

相談に乗るのが

 

僕の健康コンサルです

 

コンサル生は

原因不明の症状

悩んでいました

 

猫背でも

猫背以外の症状でも

 

原因を考えて

原因を取り除くことが

大切ですね

 

 

 

では失礼します