元道(ゲンドウ)元道(ゲンドウ)

どうも!
健康コンサルタントの
元道(ゲンドウ)です
⇒プロフィール

 

僕のコンサル生の

めむさんの

症状である「原因不明の体調不良」

について解説します

 

そして、めむさんとの

健康コンサルの様子についても

解説しますね

 

一般的に体調不良の原因とされること

 

一般的に原因不明の体調不良は

 

  • 不定愁訴(ふていしゅうそ)
  • 自律神経失調症
  • 更年期

 

など様々な呼ばれ方をします

 

・自律神経失調症の説明

【仕事のストレスで自律神経失調症】自律神経失調症になった後に仕事を辞めても休んでも改善しない理由

 

様々な定義がされていますが

要するに

 

「病院の検査には

引っかからないけど

体の不調を感じる」

 

ということですね

 

ただ、病院の検査では

原因が分からないだけで

あなたの体調が悪ければ

必ず原因があります

 

そこで

一般的に原因として

考えられるものを

見ていきましょう

 

  • 不安
  • イライラ
  • ストレス
  • 自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 免疫異常
  • 環境の変化
  • 遅発型フードアレルギー

 

これらが一般的に

体調不良の原因と言われますが

 

簡単に言えば

体に異物が貯まっている

ということですね

 

異物が原因で

自律神経やホルモンが乱れたり

免疫が正常に働かない

ということですね

 

同様に

 

  • 疲労
  • ビタミン欠乏症
  • 栄養失調

 

のように「不足が原因」

とされていることも

 

異物が貯まって

体が処理をするため

体に必要な栄養を消耗したけど

 

それでも異物を取り除けないので

慢性的に栄養が不足している

ということが起きている

ということが考えられます

 

・参考:

原因不明の体調不良が続く…

女性に多い「不定愁訴」とは?

ほとんどの人が気づいていない

遅発型フードアレルギー最新事情

 

原因不明の体調不良を抑える一般的な対症療法

 

次に

原因不明の対症療法に行なわれる

一般的な対症療法について

見ていきましょう

 

  • 痛み止めの薬
  • 睡眠薬
  • 漢方薬

 

参考:

原因不明の体調不良が続く…

女性に多い「不定愁訴」とは?

 

先ほどの原因を

取り除くのではなく

 

症状を抑えて

その場しのぎをするための

対症療法が一般的ですね

 

末期がんかと思いきや自律神経失調症?

 

めむさんも

病院で検査を受けても

原因不明の体調不良でした

 

僕がめむさんから

コンサルの申し込みを受けた時に

 

「大腸癌が原発巣の末期がん」

という症状だと聞いていました

 

末期がんは

タイムリミットがあるので

「時間との勝負だな」

と思っていたのですが

 

実は

「全身の骨が痛い

→骨転移→末期がん」

という思考回路に陥った

勘違いでした

 

原因不明の体調不良=自律神経失調症?

 

めむさんはこういう症状で

悩んでいました

 

  • 全身の骨が痛い
  • 肩こり
  • 睡眠の質が低い
  • 慢性的な疲れ
  • 脳に歪みがある

 

まるで他のコンサル生の

症状の集大成のような

深刻な症状の数々ですね

 

・他のコンサル生の症状の説明

【手書きの感想も掲載】よもぎ蒸しがきっかけの原因不明の蕁麻疹が悩みのまるこさんとの健康コンサル

【不眠の原因は?】原因不明の不眠で半年以上苦しみ続けていたヒッキーさんとの健康コンサル

【手書きの感想も掲載】原因不明の動悸が悩みの島袋さんとの健康コンサル

 

実際は自律神経失調症気味で

原因不明の体調不良でしたが

 

めむさんは本気で

「大腸癌が原発巣の末期がん」

だと思い込んでいたみたいです

 

でも放っておけば

本当に末期がんになっても

不思議ではないので

 

放置せずに

原因を取り除くことが

大切ですね

 

症状が重すぎて行動できない時は?

 

ただ、全身の骨が痛くて

慢性的に疲れていると

なかなか行動ができません

 

こんな体調不良の状態では

「行動しよう!」

と思うのは難しいです

 

だから

「まずは回復だ!」

と思いきや

 

睡眠の質も低い

ということなので

回復もなかなか難しいですね

 

でも行動しないと始まらないので

 

まずはレベル2を目指してもらっています

 

・レベル2の説明

【食事制限、生活改善、運動も不要!】頑張らない努力ゼロの健康の秘訣

 

原因不明の体調不良で動けなくなる前に早め早めの行動が重要

 

めむさんのように

症状が重くなって

体調不良になるほど

 

自律神経失調症気味の体調不良を

「末期がんだ!」

と思い込んでしまうように

 

考え方もネガティブに

なってしまい

行動することも

難しくなってしまいます

 

だからこそ

症状が重くなる前に

行動を起こすことが重要です

 

「まだ大丈夫、まだ大丈夫」

と思っていると

 

いつのまにか

原因を取り除くための

行動をすることも

難しい状態になってしまうので

 

心も体も

体調不良になる前から

行動することが大切です

 

じわじわと前に進むしかない!

 

とは言え、もうすでに

簡単な行動をすることさえ

難しい状態になってしまっている

こともあると思います

 

そういう時は

行動を分割すれば良いです

 

必要な行動の量を

100とすると

10の小さな行動を10回やれば

良いはずですが

 

1回に10も行動できないなら

1でも0.1でも構いません

 

1回あたりの行動量を

小さくしてください

 

人が10行動できるのに

あなたが10行動できない

からといって

落ち込む必要はありません

 

大切なことは最終的に

100まで行動することです

 

他の人と同じくらいの

ペースで行動できるかどうかは

重要ではありません

 

1番良くないのは

10行動できないからといって

行動すること自体をやめて

行動が0になってしまうことです

 

行動が0ならどれだけ時間が経っても

何も起こりませんが

 

行動を1でも0.1でも

続けていたらいずれ100になります

 

まとめ

 

慢性的な体調不良が続き

症状が重くなりすぎると

考え方もネガティブになり

行動することも難しくなってしまいます

 

つまり、メンタルヘルスの低さが

行動力も下げてしまう

ということですね

 

・メンタルヘルスの説明

【低ければどんな健康法も台無しに!?】メンタルヘルスを偏差値として無料で測定する方法

 

「怒られるうちが華」

という言葉がありますが

 

僕は

「行動できるうちが華」

だと思っています

 

「まだ大丈夫、また大丈夫」

と自分に言い聞かせたことは

ありませんか?

 

本当に大丈夫な人は

そういうことを思うことさえありません

 

今行動できるから

明日も行動できると

思わないでください

 

「善は急げ」です

 

神頼みしても

誰かが何とかしてくれることに

期待していても

何も起こりません

 

大切なのは

今すぐに行動することです

 

行動するにあたっての

サポートは僕が全力でやります

 

あなたに必要なのは

「努力」ではなく

「工夫した行動」です

 

ただ、その「工夫」は

僕がやるので

あなたは「行動」することに

集中してください

 

健康コンサルの事前相談は

LINE@で受け付けています

友だち追加

 

 

 

では失礼します