元道(ゲンドウ)元道(ゲンドウ)

どうも!
健康コンサルタントの
元道(ゲンドウ)です
⇒プロフィール

 

以前、このような3つの質問を

いただいたことがあります

 

「細菌やウイルスに

抗菌薬や抗ウイルス薬を使うことは

原因を取り除くことに

ならないのでしょうか?」

「○○不足だと△△になってしまうので

サプリメントで○○を補うことは

原因を取り除くことに

ならないのでしょうか?」

「高血圧の人が減塩や運動をすることは

原因を取り除いていることに

ならないのでしょうか?」

 

あなたはどう思いますか?

 

これらの質問をした人は

原因を取り除くことができている

と思いますか?

 

結論を言ってしまうと

実はどれも原因を取り除けていません

 

これらのケースでは症状の原因に対して

適切な行動をとることができている

と思ってしまいがちです

 

なぜだと思いますか?

 

その理由について

詳しく解説していきます

 

抗菌薬と抗ウイルス薬の話

 

「細菌やウイルスに

抗菌薬や抗ウイルス薬を使うことは

原因を取り除くことにならない」

理由を解説します

 

まず、前提条件として

原因を取り除くことができる

薬はこの世に存在しません

 

一切、例外はないので

「自分が使っているこの薬だけは違う」

と思わないでくださいね

 

また、漢方なども

同様だと思っていてください

 

薬は対症療法しかできません

 

今回のケースで考えると

「細菌やウイルスが増えてしまう」症状

に対する対症療法です

 

このことを症状ではなく

原因だと思ってしまう人が

ほとんどなのですが

 

よく考えてみると

納得が行くと思います

 

少し気持ち悪いと思うかもしれませんが

細菌やウイルスはそこら中にいます

 

だから、いつ僕やあなたの体に

それらの異物が入ってきても

おかしくありません

 

では、細菌やウイルスが

体に入ったら必ず

あなたの免疫が

処理できないくらい

増えてしまうでしょうか?

 

もしそうなら、どんな人も毎日毎日

風邪や感染症にならなければなりません

 

しかし、そんなことはないことが

分かるはずです

 

つまり、細菌やウイルスが

体の中で増えてしまう原因がある

ということが考えられます

 

それは、なぜでしょうか?

 

運が悪いから?免疫力が低下したから?

 

健康と運は全く関係ないので

考えなくて良いですが

 

免疫力についてよく考えましょう!

 

免疫力が低下する理由を

「疲れているから」

「栄養不足(失調)だから」

で簡単に片づけてしまう人が

多いのですが

 

実は、純粋な

疲れや栄養不足だけで

免疫力が低下している人は

ほとんどいないです

 

免疫力が低下する原因のうちの

大部分を占めているのは

 

体に余計な異物が貯まっていることです

 

・体に貯まる異物の説明

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている5種類の原因

 

異物が貯まっているから

免疫力が低下して

「菌やウイルスが増えてしまう」

という症状が出てしまいます

 

このような症状は

一見、原因に見えてしまうので

「表の原因」と呼ぶことにします

 

「菌やウイルスが増えてしまう」

という表の原因にとらわれず

「裏の原因」である

体に貯まった異物を取り除くことが

大切です

 

対症療法を続けていると

原因が残ったままなのに

症状が出なくなってしまうので

問題が先送りになり

後々にもっと困ることになります

 

まぁ、体に貯まった

全ての種類の異物を取り除けたかどうか

確認できる人は薬などで対症療法を

やりませんね

 

栄養不足で起きるとされる症状の話

 

「○○不足だと△△になってしまうので

サプリメントで○○を補うことは

原因を取り除くことにならない」

という話をします

 

例えば

「DHAが不足すると認知症になる」

と思っている人がいました

 

だから

「DHAという栄養を

サプリメントで補おう!」

と思ってしまいがちです

 

しかし

「栄養の不足」も

「表の原因」です

 

では、今回の裏の原因とは

なんでしょうか?

 

それを考えるには

「なぜDHAが不足したのだろう?」

と考えれば良いです

 

そもそも、そういった

症状が出るほどの栄養不足なんて

「毎食、カップラーメン!」

「白米しか食べない!」

みたいな偏った食生活を

していなければ起こりません

 

では、なぜ起こるのかと言えば

栄養を消耗しているからです

 

栄養を消耗ということは

「取り除くことが難しい

原因を処理しようとしている」

という理由で起こります

 

栄養は、体に入ったり

貯まったりした異物を

処理するために使われます

 

ただし、体に入ろうとする異物を

処理するだけなら

栄養が不足するようなことにはなりません

 

しかし、体に貯まってしまった

たくさんの異物を取り除こうと

しているうちに不足してしまう

ケースは多いです

 

だから

「○○不足だと△△になってしまう」

という症状は、表の原因で

 

「体に異物が貯まっていること」が

裏の原因でしたね

 

高血圧と減塩と運動の話

 

「高血圧の人が減塩や運動をすることは

原因を取り除いていることにならない」

という話もしていきたい

 

ところですが

 

まぁ、これは自分で考えてみてください

 

考え方は前の2つと同じです

 

解説はこの記事のことを

僕が思い出したら

追加しておきます

 

それまでにあなたなりの

答えを出しておいてください

 

まとめ

 

表の原因(症状)に惑わされずに

裏の原因を見抜いてその原因を

取り除くことが大切です

 

裏の原因が見抜けないと

知らず知らずのうちに

対症療法を続けてしまうことになります

 

原因を取り除いているつもりなのに

あなたの症状が3か月以上

全く変化がないという場合は

対症療法をやっていることを

疑ってみてください

 

最後に

あなたが取り除くべき

4種類の原因の記事を載せておきます

 

・症状を引き起こす4種類の原因の説明

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている5種類の原因

 

 

 

では失礼します