ゲンドーゲンドー

どうも!

健康コンサルタントの

ゲンドーです

⇒プロフィール

「血糖値が高いことがいけないことだ!」

と思われているので

 

血糖値をコントロールする

テクニックやノウハウが

話題になりがちですが

 

「血糖値が高いことがいけないことだ!」

と思っていると

根本的な問題を見落とすことになります

高血糖が悪!でもなく・・・

食事の度に繰り返さないと

いけない努力は工夫とは

言わないのですが

努力は報われないし報われる努力もない3つの理由

「ちょっとした食事の工夫で

血糖値の上昇はセーブできる。

5つの実践メソッド」

という記事を読んで思うこと

をまとめていきます

 

「ちょっとした食事の工夫で血糖値の上昇はセーブできる。5つの実践メソッド」を読んで思うことその1:血管の老化ではなく劣化

 

血糖値をちゃんとコントロールすれば、

肥満リスクや血管の老化とも

オサラバできる。

 

血管の老化は年齢と共に

みんな平等に進むものなので

血糖値の高さで進むものではありません

 

では何が進むのか?

 

劣化ですね

あなたの症状の原因は老化(更年期や高齢)ではなく劣化

次の4種類の原因が体に貯まって

起きるのが劣化で

あらゆる症状を引き起こすのは劣化です

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

「劣化しないようにしよう!」

というのはレベルが高い目標なので

1ステップ戻って

「劣化を引き起こしている

体に貯まった原因を取り除こう!」

と思うことが大切ですね

 

「ちょっとした食事の工夫で血糖値の上昇はセーブできる。5つの実践メソッド」を読んで思うことその2:5つのメソッドに思うこと

 

1. 1日2Lの水を飲むことは代謝の質を上げるうえでも大事

 

よく糖尿患者は季節を問わず喉が渇く

といわれるが、これは血中のブドウ糖が

多くなりすぎて腎臓が大量の水分と

ブドウ糖を一緒に尿として排出し、

脱水状態になるため。糖尿の気がある人も

そうでない人も、1日2L頑張って飲もう。

 

また、糖質の摂取量を制限すると

肝臓に貯蔵されているグリコーゲンが

使われ、その代謝時に大量の水分を

必要とするのも水をたくさん飲まないと

いけない理由の根拠。

 

糖質制限中の人はグリコーゲン代謝の質を

高めるためにも、食事に気を遣うだけ

ではなく意識的に水分補給を。

 

水は飲まないより飲んだ方が良いのですが

 

健康に努力は必要ないので

頑張る必要はありませんね

 

まぁ、水をたくさん飲む場合は

体液が薄くなるので

 

ミネラルもたくさんとりましょう

 

僕も水をたくさん飲むのですが

塩が大好きなので

塩を多めにとっています

 

まぁ、これは対症療法的であり

栄養的な話でもあるので

健康になれるかどうかとは

別問題ですね

 

2. パン+油で血糖値上昇が緩やかに。特にオススメはオリーブオイル

 

それでもバターは食後90分あたりまで

血糖値が上がっているが、

オリーブオイルの場合は低い数値のまま

推移している。

 

血中のコレステロール値を低める

不飽和脂肪酸が多く、カラダにいい

といわれるオリーブオイル。

血糖値の点でもオススメなのだ。

 

パンとオリーブオイルって

食べる人いるんですかね?

 

でも、サイゼリヤとかで

そういうメニューがあって

1度だけ食べた気がします

 

体に良いかどうかは

どんな栄養が入っているか

で決まらないですね

 

たくさん栄養が入っている

食べ物を食べても

今現在、不健康な人が

健康になれるわけではないからです

 

つまり、栄養がたくさんあっても

先ほどの4種類の原因は取り除けない

ということですね

まだ健康になれていないのは「健康と栄養は別問題!」ということに気づいていないから

更に、体に悪い食べ物はあっても

体に良い食べ物はこの世に

存在しないですね

【体に悪い食べ物まとめ】読み終わると「体に悪い食べ物を食べないようにしよう!」という発想が無意味だと気づく

3. 万能食材のお酢。肉を焼く前に漬けるとAGE値を下げる効果も

 

酢にはクエン酸や酢酸が含まれており、

これが疲労物質を分解したり筋疲労を

回復させることはよく知られている。

 

加えてアミノ酸が善玉コレステロールを

増やして血管を拡張し、

血液をサラサラにする効果も。

ドレッシングに積極的に使おう。

 

血管を拡張して血液をサラサラに

ってあるんですけど

 

酢のおかげで、一時的に

そうなるんでしょうが

 

その場しのぎなので対症療法ですね

 

根本的な問題は血管よりも

内臓にあるからです

 

「血液がドロドロ」がいけないことなら

これも原因ではなく

 

原因によって引き起こされる

「原因に見える症状」だからです

何度検査してもあなたの症状の原因が分からない唯一の理由

4. ワインなら血糖値を気にせず飲める。赤よりも白をチョイスしよう

 

ビール、ワイン、ジンを飲み比べると、

ビールよりジンやワインの方が

血糖値は上がりにくいという

(下グラフ参照)。

 

ジンと同じ蒸留酒のウイスキーや焼酎でも

同様の結果になると推測される。

 

ワインの方は白がおすすめ。

血圧を抑えるカリウムに加え、

製造過程で生まれる酒石酸と呼ばれる

有機酸が多いのがポイント。

この酒石酸に整腸作用が期待できるのだ。

 

ただし、白ワインは辛口を選ぶことが大事。

甘口は糖分が多いため、逆に血糖値が

上がる恐れがあるのでご注意を。

 

高校の時に、アルコールパッチテストを

やって3分もしないうちに腕が

真っ赤になったので

 

「自分はお酒が飲めないんだ」

と思って生きてきたんですが

 

その当時は肺と肝臓の状態が

かなり悪かったので

 

今はどうなんですかね?

 

「お酒飲みたい!」って

思うことがないので飲めるかどうか

試すこともないのですが

 

いつかやるかもしれないですね

 

5. コーヒー&シナモンも効果あり。ただし、砂糖は足さないように!

 

そのメカニズムは現時点では不明だが、

血糖値を下げる可能性は高いらしい。

ただし、砂糖をたっぷり含むタイプの

缶コーヒーや、カフェのコーヒーに

砂糖を加えるのでは意味がない。

ブラックで飲むこと。

 

こういう記述を見ると

今でもムカつくし

昔、健康オタクだった時なら

100倍ムカついていると思うんですけど

 

このサイトの別の記事で

「砂糖はGI値が低いから大丈夫」

って書いてありましたよね?

https://gendoh01.com/sugar-heel/

記事を何も考えずに書いているのか

エビデンスがメチャクチャなのか

分からないですけど

 

より一層アテになりませんね

【極秘情報】エビデンスに全く価値がない3つの理由

これは僕がブログ内で

「原因を取り除かなくて良いから

対症療法で血糖値の上昇を抑えよう!」

って言い出すのと同じくらい

おかしなことですね

 

これを信念の矢が通っていない

と言います

 

「ちょっとした食事の工夫で血糖値の上昇はセーブできる。5つの実践メソッド」を読んで思うことその3:この手のテクニックをいくつ試しても終わりがないから抜け出せない

 

今回は5つのテクニックでしたが

他にもこの手のテクニックは

いくらでも出てきますよね?

 

それで、この手のテクニックは

どれだけたくさん集めても

10個でも100個でも

 

結局

「血糖値コントロールができない」

という症状の根本的な原因を

取り除けていないので

 

いつまで経っても終わりがありません

「100個の健康法に手を出す」vs「1個の健康法に集中する」健康になれるのは?

「健康とは終わりがないもの」

「一生続けられる健康法を!」

と言われるのですが

 

「健康になりたい」

という気持ちと

「健康に気を使いたくない」

と言う気持ちは両立させて良いです

 

健康とは

「心も体も原因が貯まっていない状態」

なので

 

いわば「0の状態」です

 

100とか1000とか

はるかなる高みを目指すものではないので

努力は必要ないし

 

0なので必ずゴールがあります

 

このゴールを目指すために

体に、もっと言えば内臓に

貯まった原因を取り除くことが大切ですね

 

まとめ

 

「血糖値コントロールできないこと」

は症状です

 

この症状そのものより

この症状が出るような状態に

なっていることが問題です

 

健康のために

小手先のテクニックを

たくさん集めて集め続けて

一生続ける必要はありません

 

これらは対症療法だからです

 

対症療法にはゴールがないのですが

健康にはゴールがあるので

 

対症療法をどれだけ続けても

健康になることはできません

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている原因を

取り除くしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因を取り除けないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね