どうも、元道(ゲンドウ)です

 

癌の原因になる放射線が

癌の治療に使用されることを

 

あなたは不思議に

思ったことはありませんか?

 

「放射線は体に悪いはずなのに

治療に使われるなら

体に良いんじゃないの?」

と思う人もいるかもしれません

 

しかし、実際は

放射線はただ体に悪いだけのものである

ということを理解する必要があります

 

どんな使い方をしても放射線は体に悪い

 

放射線はどんな使い方をしても

体に悪いです

 

例えば、レントゲンやCT検査では

放射線が使われます

 

それは、

放射線は体に悪いけど

画像で得られる情報が

そのデメリットを上回るメリットになる

と見なされているからです

 

別に安全だから放射線を検査に

使っているわけではありません

 

また、放射線は癌の原因になります

 

もちろん、放射線だけが

癌の原因になるわけではありませんが

原因の1つになります

 

それは揺るがない事実です

 

癌を作る放射線が治療に使えるわけがない

 

癌の原因になり、癌を作る放射線が

治療に使えるわけがありません

 

しかし、実際には

放射線が癌治療に使われています

 

その理由は、

癌の定義が間違っているからですね

 

病院では、癌とは

「異常な細胞がどんどん増えていき

体をおかしくしていくもの」

となっています

 

だから

「異常な細胞は

やっつけてしまえば良い!」

という短絡的な発想ですね

 

しかし、異常な細胞とは

正常細胞が毒を取り込んだ状態を

言います

 

つまり、

癌細胞=正常細胞+原因(毒)

ですね

 

ここで、悪さをしているのは、

癌細胞と言うより、

癌細胞の原因となる毒です

 

じゃあ、その毒を

放射線で破壊できているのではないか?

と思うかもしれませんが

それは無理です

 

毒は生き物ではないので

破壊することはできませんし

 

仮に破壊できたとしても

別に跡形もなく消滅するわけではなく

正常な細胞に留まったままなので

放射線を使う意味がありません

 

放射線が破壊するのは癌細胞ではなく、正常細胞

 

放射線は正常細胞の中に

どんどん貯まっていきます

 

癌細胞=正常細胞+原因(毒)

であることを考えると

 

正常細胞の中にある毒の量が

どんどん増えていきます

 

癌はもともと

貯まっている毒の量が圧倒的なので

 

そこに放射線を貯めてしまうと

どうなるか分かりますか?

 

水風船の中に、

更に水をどんどん入れていくのと

同じことですね

 

つまり、いずれ破裂してしまいます

 

癌細胞の中身は

体の中にばらまかれます

 

こうして多臓器不全を防ぐための

癌細胞が破壊されました

 

でも、癌細胞は破壊されたので、

 

画像検査上では

「癌細胞が消えました!良かったね!」

ということになります

 

僕はこれが嫌なので

診療放射線技師になるのをやめました

 

資格は持っているんですけどね

 

放射線治療をやる

診療放射線技師は

年収1000円以上いくことも割と多いので

 

「もったいない!」

と思うかもしれませんが

 

僕は自分のことだけ考えて

社会に悪影響を与える職業に就くことを

良しとしないので当然です

 

癌という結果だけに

目を奪われず

 

癌の原因に目を向ければ

放射線が破壊しているのは

 

癌細胞ではなく、正常細胞である

ということが分かります

 

しかし、ここまで分かっても

あなたはレベル0からレベル1

上がっただけです

 

このレベルで思いつくことは

「体に悪いことをやってはいけない!」

放置療法をやろう!」

程度のことです

 

レベル1ではあまり意味がないので

レベル2レベル3まで

上がることが大切です

 

まとめ

 

・放射線はどんな使い方でも体に悪い

・放射線は癌の原因になる

・放射線は治療に使えない

・放射線は正常細胞を破壊する

 

 

 

では失礼します