自律神経失調症気味で悩むTさん

 

どうも、元道(ゲンドウ)です

 

今回は全身の骨が痛いことと

慢性的な疲れが悩みのTさんの話です

 

Tさんの悩みは次の通りです

 

・全身の骨が痛い

・肩こり

・睡眠の質が低い

・慢性的な疲れ

 

深刻そうな悩みばかりですね

 

全身の骨が痛くて、

慢性的に疲れていると

 

何をするにもやる気が出ませんよね?

 

しかも睡眠の質が低いと

体の回復もできないので

負のスパイラルに入ってしまいます

 

全身の骨が痛いから末期がんかと思ったら・・・

 

結局、Tさんは自律神経失調症

ということが分かったのですが

 

「全身の骨が痛い→骨転移

→末期がん」

という思考回路に陥ってしまったらしく

 

Tさんは最初は大腸癌が原発巣の

末期がんだと思い込んでいたみたいです

 

実際は自律神経失調症

ということでした

 

自律神経失調症って

一口に言ってもたくさんの

症状があるのですが

 

それは別の機会に紹介します

 

全身の骨の痛みや慢性的な疲れがあると、何事にもやる気が出ない

 

全身の骨が痛くて、

慢性的に疲れていると

 

何をするにもやる気が出ません

 

よってTさんからは

頻繁に連絡が来ることもないのですが

 

僕がこれだけはやってほしい!

と言ったことはできているようなので

 

僕は全く心配していません

 

ただTさんに他にやってほしいことが

あるとすれば

 

ポジティブシンキングを

取り入れることですね

 

特にオススメなのが

音声学習ですね

 

これならただ聴いているだけで

良いので誰でもできると思います

 

何度も繰り返し音声を聴くことで

自然とポジティブシンキングが

身に付いてやる気が出てくる

可能性が高まります

 

 

 

では失礼します