どうも、元道(ゲンドウ)です

 

1か月ビーガン生活

やり遂げた後に

僕は更なる挑戦をしました

 

それは「3日断食」です

 

僕はかれこれ5年近く

1日1食を続けています

 

だから、

1日断食を毎日やっている状態です

 

たまに家族に合わせて

1日2食になったり、

2日で1食になったり

ということがありますが

 

基本は1日1食です

 

1か月ビーガン生活

やり遂げたにも関わらず

 

何を思ったのか

「3日断食をやろう!」

と決意してしまいました

 

よく

「人は何も食べなくても

水さえあれば1週間生きていける!」

なんて言われるのですが

 

身近にそういう人もいないので

「とりあえず3日くらい大丈夫かな?」

という軽い気持ちで始めました

 

ちなみにこの記事を書いている時点で

体重は56キロで、

3日断食をした時もほぼ同じでしたね

 

ちなみに身長は174センチです

 

結論から言うと、

僕は3日断食をオススメしません

 

その理由は3日も断食する必要は

全くないし、効果の割に

リスクが大きすぎると感じたからです

 

実際に3日断食した時の様子を

記事にまとめました

 

これを読んだ後でも

「どうしても3日断食をしたい!」

と思ったら止めはしませんが

 

僕は3日断食をオススメしないことを

忘れないでください

 

3日断食に挑戦!

 

3日断食を始めるにあたって

特に何も準備はしませんでした

 

ビーガン生活

単なる延長のような形で

始めました

 

特に「食い貯め」のようなことは

しませんでした

 

それをやると

お腹がすき過ぎて

逆に続けられなくなると思ったからです

 

ちなみに、3日断食中は

家に閉じこもっていたわけではなくて

 

アルバイトへ自転車で行ったり、

トレーニングジムで筋トレしたり、

学校で実験をやったり

といつも通りの生活をしていました

 

ジムのインストラクターの人には

普段から

「ご飯ちゃんと食べてきた?」

と聞かれていたのですが

 

「いえ、断食してます!」

と言うわけにはいかないので

 

「はい!大丈夫です!」

とよくごまかしていて

 

3日断食の時も

普段通りごまかしていたのですが

 

断食2日目の時は

普段よりもベンチプレスが

楽だと感じたので、

 

内心では

「断食した方が

調子良いじゃん!」

と調子に乗っていました

 

まぁ、当時は2日断食でも

未知の領域だったのですが

 

断食も2日程度だと

普段より調子が良くなり、

頭の回転も速くなる

ということに気づきました

 

断食3日目にして体が動かなくなってきた

 

しかし、問題は3日目でしたね

 

3日目は大学の実験があって

アパートから大学へ行く時に

自転車に乗ろうとしたのですが

 

自転車に乗ることすら

ままならないほど

体が全然動かなくなっていました

 

2日目までは予備校のアルバイトへ

行く時に自転車に乗っていて

何ともなかったので

 

ビックリしましたね

 

足に力が入らなくて

これでは自転車だと危ないな

と思ったので、

 

フラフラしながら歩いて

大学の実験に向かいました

 

大学の実験の流れは

 

午前中は主に実験に関する

大学の教授からの質問に

答える時間で

 

午後は主に実際に

実験の作業を行なう時間です

 

実験で大変なのは

午前中の教授の質問の嵐を

乗り越えることで、

 

午後はただ何も考えずに

作業するだけです

 

その日の実験は4人班でした

 

いつもそのメンバーなのですが

僕以外の3人は

ずっと黙り込んでいたので

 

教授の質問に対応するのは

いつも僕だけになっていました

 

それで午前中に僕が活躍した分

午後は他の3人が活躍すれば

良いと思っていました

 

僕が午後にのんびりしていると

なぜか他の3人は

不満がある様子だったのは

釈然としませんでした

 

それはどうでも良いことなのですが

 

断食3日目のその日は

普段通りかそれ以上に頭は働くので

 

午前中は普段以上に

教授の質問をさばけたのですが

 

なにせ足に力が入らなくて

立っていられないので

 

午後は普段以上に

何もしませんでしたね

 

僕はその時は1分と

立っていられなかったので

何もしなかったというか

何もできなかったのが正しいですね

 

その時はずっとイスに座り込んで

何もしていなかったので

 

さすがに教授から

「ちゃんと実験しないとダメだよ」

とちょっとした小言を

言われてしまいました

 

でもその時はかつてないほど

体に力が入らなくて

「下手したら死ぬんじゃないか?」

と戦々恐々としていたので

それどころではありませんでしたね

 

結局実験が夕方に終わって

帰宅してから

 

ストイックビーガンメニュー

喜んで食べましたね

 

3日何も食べていなかったので

胃が食べ物を受け付けないか

と思ったのですが

 

特にそういうことはありませんでした

 

こうして3日断食は

無事に幕を閉じました

 

3日断食で得られたメリットは

「頭の回転がいつもより少し早くなる」

ということくらいだったので

 

体が動かなくなってまで

やることではないなと思いました

 

「空腹は最高のスパイス」

なんて言いますが

 

断食後はご飯が美味しかったけど

3日食べなくてこの程度か

という感じでしたね

 

やり過ぎて餓死してしまうと

全く笑えないので、

1日か2日断食くらいが

ちょうど良いんじゃないかと思います

 

3日断食の最中に

「このまま死ぬんじゃないか?」

と思いましたが

 

「この程度で死ぬなら

その程度の男だったんだな」

と思っていたし、

 

別にその後も何もありませんでした

 

グーグルで検索すると

「2か月断食した!」

「毎日青汁1杯で生きている」

なんていう情報があふれかえっていますが

 

どれくらいで餓死するかなんて

個人差のせいで分からないので

 

あなたは1日断食、

つまり1日1食くらいが

ちょうど良いと思います

 

毎日何も食べずに生きている人も

世の中には存在するのですが

 

そういう人たちは、

食べ物以外の方法で

生きていくためのエネルギーを

何らかの方法で外部から

得ることができる

特殊能力がある人たちなので

 

真に受けないでくださいね

 

決してエネルギーゼロで

生き続けられる人間なんて

いないのです

 

3日断食をしなくても済む健康法

 

断食をすると良い理由は

食事を通して

あなたの体に入ってくる

異物の量がゼロになるからです

 

しかし、断食では

今までにあなたの体に貯まった

異物を全て取り除くのは

非常に難しいです

 

しかも、

断食の限界日数にも

個人差があります

 

健康とは、そんな危険を背負って

一か八かで手に入れるものではありません

 

だからこそ、

ぼくはあなたに

レベル3になることを

オススメします

 

なぜなら

その方が簡単だし

断食に求められるような

意志の強さは必要ないからです

 

まとめ

 

・3日断食するよりレベル3になろう!

 

断食を続けた後に

いわゆる「ドカ食い」をすると

 

ショック死してしまう例が

あるそうです

 

これが断食をオススメしない

最大の理由です

 

大抵断食を始めようとする人は

健康状態が悪く、体力が低下しているので

 

当然と言えば当然ですね

 

あなたはそうならないように

3日断食ではなく、レベル3

目指してください

 

3日断食するには

かなりの努力が必要ですが

 

レベル3になるのは

断食より圧倒的に簡単です

 

断食よりレベル3になる方を

オススメします

 

 

 

では失礼します