元道(ゲンドウ)元道(ゲンドウ)

どうも!
健康コンサルタントの
元道(ゲンドウ)です
⇒プロフィール

「食事療法を頑張って続けていたので

検査値が前より良くなったぞ!」

「理想の検査値をキープできたぞ!」

と思って喜んでいないでしょうか?

 

誰でも努力の成果が

数値として表れると喜んでしまいます

 

しかし、食事療法である程度の成果が

出てしまうことには問題があります

高血圧が悪!ではなく・・・

高血糖が悪!でもなく・・・

その問題について解説します

 

食事療法のある程度の成果で満足すると起きる問題

 

あなたは

「検査値で健康が管理できる」

と思っていないでしょうか?

 

確かに、数値で測定できることは

改善ができるので素晴らしいことです

 

しかし、そもそも論として

 

「その検査値は健康につながっていない」

ということが言えます

 

なぜか?

 

それは検査では

「原因に見える症状」しか

分からないからです

何度検査してもあなたの症状の原因が分からない唯一の理由

あなたは

「検査値が悪いと

健康から遠ざかっていく」

と思ってしまいますよね?

 

しかし、その検査値は

あくまでも症状です

 

だから、その症状を引き起こしている

原因に気づき、取り除かないと

 

検査値という「原因に見える症状」を

抑えるための対症療法をすることに

なってしまいます

 

その原因とは次の4種類あり

体に貯まって症状を引き起こします

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

この原因が内臓に貯まって

内臓がカチカチになって働きが悪くなり

結局、あなたの症状が出ています

 

しかし、検査値に注目して

検査値が良くなると

あなたはこの問題を見落とします

 

食事療法だと、原因を取り除かなくても

検査値だけ良くするということが

できてしまうからです

 

だから、食事療法で一定の成果が出ると

根本的な原因のことに気づきません

 

しかも、その原因の量は

どんどん増えていってしまいます

 

そうすることで、今あなたに出ている

症状以外の新たな症状に

困ることになってしまいます

 

で、多くの場合

前からある症状と新しい症状は

関係ないことだと思ってしまうんですね

 

なぜなら、自分は

健康に良いことをやっている

と思い込んでしまっているからです

 

これが最大の問題ですね

 

でも

「食事療法が対症療法だ」

と言われても納得がいきませんよね?

 

「食事が体を作る」とよく言われるので

 

「食事は大事なんだから

根本的な解決になるだろ!」

と思ってしまいます

 

その点についても解説します

 

食事療法のような努力ではなく工夫した行動を選ぶことが大切

 

「食事が体を作る」

 

それでは、あなたの体は

食事によってどれだけの

年月をかけて作られたのでしょうか?

 

先祖や親のことまで考えると

面倒なのでそこは割愛します

 

あなたがもし、30歳の場合は

「30年の年月をかけて

食事によって体が作られてきた」

ということになります

 

もし、あなたの症状の

原因が食事による原因の蓄積の場合

 

「30年分の原因の蓄積が原因」で

症状が出ているいうことになります

 

それをこれから食事療法で

なんとかしていこう

という場合は単純に考えて

30年かかることになります

 

つまり、60歳までかかる

ということですね

 

そんなに努力を続けられますか?

僕なら絶対に嫌ですね

 

しかも、これは

食事に一切、原因が含まれておらず

食事をとればとるほど

体に貯まった原因が取り除かれていく

という魔法のような条件が成立している

場合に限ります

 

しかし、現実的に考えると

この世に体に良い食べ物はないので

原因が含まれていない食事なんてないし

 

また、食べれば食べるほど

原因がどんどん取り除かれていく

という都合が良い食べ物もありません

 

だから、最後まで報われなくても

全く不思議ではありません

 

超こだわって選んでいれば

見つけられるかもしれませんが

取り除くことができる

原因の量や種類が

必ず打ち止めになります

 

具体的に言えば

症状を引き起こす4種類の原因の内の

外的要因の20%程度が限界ですね

 

4種類のうちの1種類の

更に25%なので

全体の5%ですね

 

だから、食事療法は

コスパが極めて悪い方法ですね

 

奇跡的にあなたに貯まっている

原因の種類がその5%に

全て当てはまっていたら良いですが

そんな紙のように薄い確率を

追い求めていても無駄ですね

 

健康はギャンブルではないので

もっと合理的な方法を選んでください

 

小学生の時に

図書館で読んだ学習マンガに

水源がキレイで

普段からとても美味しい水を

飲むことができる地域の話が

ありました

 

その地域にある

キレイな水が湧き出ている水源に

タバコ1本分の吸い殻を捨てた場合

元の状態に戻すには

何年も何十年もの時間がかかる

と書いてありました

 

つまり、タバコのポイ捨て

という一瞬の出来事を

帳消しにするために

何倍も何十倍もの「努力」が

必要ということです

 

ただし、これは

僕が小学生だった

15年近く昔の話です

 

今とは違うことがあります

それは「技術の進歩」です

 

未だに15年前と同じ方法であれば

水源をキレイにするのに

膨大な時間や労力がかかると思いますが

 

今は、技術の進歩によって

「工夫」することができるので

もっと少ない時間で

水源をキレイにすることが

できると思います

 

これは、健康に関しても

同じことが言えます

 

あなたが工夫した行動よりも大変な努力を選んでしまう理由

 

食事で体がおかしくなったから

食事療法をしよう!なんて

真面目すぎますね

 

もっと工夫をすることが大切です

 

何年も何十年も続けなければ

ならない「努力」と

 

手順がとても簡単な

「工夫した行動」だと

 

どちらを実行する人が

多いと思いますか?

 

直観的に

「工夫した行動」をする人の方が

多い気がしますよね?

 

しかし、実際には

「努力」の方を選んでしまう人が

圧倒的に多いです

 

その理由は

この名言に集約されています

 

「人間は考えるという

真の労働を避けるためなら何でもする」

エジソン

 

費やす労力や時間だけを考えれば

どう考えても

「工夫した行動」の方が楽ですが

 

「工夫した行動」には

「考える」ということが必要です

 

考えてから工夫して行動を

しなければいけません

 

大抵の人は考えることを

無意識に避けてしまい

考えることが必要がない

「努力」を選んでしまいます

努力は報われないし報われる努力もない3つの理由

【その0】どれだけ努力しても健康になれないと気づいてから全ては始まった

だから、食事療法を

選んでしまう人が

圧倒的に多いということです

 

まぁ、人間誰でも

楽をしたがるということです

 

しかし、ここで少し考えてみると

分かると思いますが

 

「工夫した行動」を

1人だけでやる必要はない

ということです

自力で健康になろうとするほど健康になれない3つの理由

他の人に工夫してもらって

自分は行動するだけで良くすれば

あなたは楽ができる

と思うんですよね

 

僕も別に全部1人でやったわけではないし

むしろ人に頼りまくりだったし

いや、今でも頼りまくりですね

【その2】健康オタクの欲しかったものは自力をあきらめてから手に入った

健康に限らず、何でもそうですよね?

 

車を運転するのに、いちいち

車をパーツから開発しないし

 

ご飯を食べるのに

稲から作ったりしないし

 

よく考えると自分1人で

やっていることってないので

 

健康だって、あなた1人で

孤独にひたむきに頑張らなくても

他の人を頼って楽して簡単に

健康になってくださいね

 

まとめ

 

冒頭でも説明した通り

食事療法を選ぶ人は

元々、自分の力だけで

何とかしよう!と思う気持ちが強いです

 

それと、考えることを

無意識に避けてしまうことを踏まえると

努力、つまり食事療法を

選んでしまいがちです

 

しかし、僕はあなたに

「工夫した行動」をしてほしいです

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている原因を

取り除くしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因を取り除けないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね

高くなければどんな健康法も台無しに!?メンタルヘルスを10分で測定しよう!