どうも、元道(ゲンドウ)です

 

あなたが健康な食生活を送ることは

とても素晴らしいことですが

 

中には、神経質になり過ぎて、

 

人間関係に悪影響が出たり、

かえってストレスを貯めたり、

 

ということをしてしまう人がいます

 

あなたがそうならないためには

リスクをハザードに変える

必要があります

 

ハザードとリスクの違い

 

あなたは、ハザードとリスクの

違いが分かりますか?

 

どちらも日本語だと

「危険」という意味ですね

 

僕も大学院で学ぶ前は

そう思っていました

 

僕は大学や大学院の講義を

くだらないと思って

あまり記憶していないので

 

ブログにも全く反映されていないのですが

これは使える!

と思って今でもちゃんと覚えています

 

例えば、ライオンを例に挙げます

 

「ライオンはハザードである」

と考えた場合

 

それは、ライオンが

そこらへんを徘徊しているような

状態ですね

 

いつ襲われるかどうか

分からないので

とても危険な状態です

 

しかし、

「ライオンはリスクである」

と考えた場合は

 

動物園やサーカスのように

ライオンを檻に閉じ込めてある

という状態ですね

 

そして、その檻に

鍵をかけたり、鎖をかけたりして

もっと厳重にしていくほど

 

リスクはどんどん低くなっていきます

 

あなたにとって、毒はハザード?リスク?

 

この話を踏まえると

ハザードとリスクの違いは

 

「コントロールできるかどうか」

にあると言えます

 

僕は大学院で

放射線に関する研究をしているので

 

こういう考え方を学びます

 

でも、僕以外の大学院生や

病院で働いている人たちが

 

放射線をコントロールすることで

リスクを下げられているか?

と言われると、

 

全然そんなことないと思います

 

それは、僕には関係ないので

どうでも良いです

 

重要なことは、

「あなたがハザードをリスクに

変えられているか?」

ということです

 

リスクをコントロールしてストレスゼロの食生活を!

 

ハザードをリスクに変える必要があるのは

「放射線」に限った話ではありません

 

例えば、

「食べ物がハザードだ!」

と考えていると

 

「体に悪いものは絶対に食べない!」

「外食なんてもってのほか!」

と言って

 

生涯に渡って

ストイックな食生活を

送る必要があります

 

しかし、それは

健康の秘訣の目次の1番

までしか出来ていないので

 

後々になって

「こんなに食事に気を使ったのに!」

と後悔することになります

 

健康の秘訣の目次の3番

まで実践できると

 

あなたは食べ物だけでなく、

放射線やWi-Fi、IHの電磁波などを含めた

 

体に悪いもの全てをコントロールして

リスクを変えることが出来ている

ということが言えます

 

その段階まで到達すれば

食生活に神経質になることなく

ストレスゼロの食生活を

送ることが可能です

 

まとめ

 

・ハザードをリスクに変える

・どんな毒もリスクになれば怖くない

・ストレスゼロの食生活に!

 

 

 

では失礼します