ゲンドーゲンドー

どうも!
健康コンサルタントの
ゲンドーです
⇒プロフィール

僕は健康の情報発信をしていますが

「この健康本がオススメです」

というバイブルがありません

 

なぜなら、僕は

「この本のおかげで健康になれた!」

という経験をしていないからです

 

あなたがこれから

健康本を購入して

健康になろうと考えているなら

思いとどまったほうが良いです

 

僕が健康本を読んでも

健康になれない理由は

 

対症療法しか書いていない

健康になるための戦術(健康法)は

書いてあっても

健康になるための戦略が書いていない

 

という点にあります

健康に必要なのは100個の健康法ではなく1個の戦略!?

そのことを過去に読んだ

健康本を振り返ると痛感するので

今まで読んだ健康本3冊を

ピックアップしながら解説します

 

健康本その1:知るだけで体が改善する「4つの意識」

 

この本は猫背に悩んでいる時に

本屋さんで購入したものです

 

「肺は思っているより大きい」とか

「足の付け根の位置の意識を変える」とか

姿勢が悪いのは「意識」が原因

という内容でした

 

ただし、この本に書いてあることを

実践しても僕の猫背は改善しませんでした

 

だって、意識が変わっても

健康になれないからです

 

健康とは

「心も体も原因が貯まっていない状態」

です

 

原因とは次の4種類あり

体に貯まって症状を引き起こします

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

意識が変わっても、原因は

取り除くことができないから

当たり前ですね

 

例えば

「スマホをいじる時間を減らしたい!」

と思った時に

 

「スマホをいじらないように

意識を変えよう!」

と思ってもうまくいかないのと

同じですね

 

僕はそれでブログを書く時間が

減るのが嫌なので

スマホを置いて出かけます

 

こうやって、意識を変えずに

工夫した行動を取ることが

大切ですね

 

他にも同じような本で

猫背の改善をしようと思ったのですが

全然結果が出ませんでした

絶対に誰も気づかない!20歳まで悩み続けた猫背の原因

その理由は

こういう対症療法が書いてある

本ばかりだったのと

 

僕の猫背の原因は意識や筋肉ではなく

内臓にあったからです

姿勢を正せば健康になれると思っている人に欠けた3つの視点

健康本その2:1日3食をやめなさい!

 

この本は

「実は体に悪い食べ物を食べると

どんな流れで体に悪影響が出るか?」

「原因が入った食べ物さえ

食べなければ良い」

など様々な健康知識が書かれていて

 

僕のブログの健康知識のカテゴリーの

記事はこの本を参考にして書いています

 

が・・・

 

今の僕と考え方は全然違いますね

 

この本は

「食べ物にこだわり抜いて

原因が入っていない食べ物を

選ぶようにしよう!」という考えで

【体に悪い食べ物まとめ】読み終わると「体に悪い食べ物を食べないようにしよう!」という発想が無意味だと気づく

僕は

「こだわらず何を食べても良いけど

その代わりに原因が体に

貯まらないようにしよう!」

という考えです

体に悪いかどうかを調べる時間に意味がない唯一の理由

この本と出会った頃は

僕は完全に健康オタクになっていました

健康知識に詳しい健康オタクほど不健康な3つの理由

【その2】健康オタクの欲しかったものは自力をあきらめてから手に入った

「この食べ物は食べちゃダメだ!」

というタイプの健康オタクだったのは

この本の影響を受けていたからです

 

一時期、神経質な健康オタクだったものの

 

今では努力ゼロできをつかわず

楽して簡単に健康になろう!

という考えなので

 

雲泥の差がありますね

 

この差は僕が

「健康になるための戦略」

ということに気づいたからです

 

この本は

「体に悪いものを一切食べない」

という戦術しか書いていないのですが

 

僕は戦術以前の問題である

戦略ということを考えるようになりました

 

全ての健康本に書かれているのは

戦略が対症療法の戦術として

 

「○○を食べる、食べない」

「運動や筋トレをしよう!」

ということばかりなので

 

どれをやっても

全然変わりません

 

しかし、戦略を対症療法から

原因を取り除くに切り替えることで

本当の意味で戦術も変わってきます

健康に必要なのは100個の健康法ではなく1個の戦略!?

健康本その3:できる男は超少食

 

この本も「1日3食をやめなさい!」

とほぼ同じような内容で

「1日1食」や「断食」についても

書かれていますが

 

大きな違いは

「1日3食をやめなさい!」では

肉食を推奨しているのに対して

 

この本では

「肉を食べると内臓が腐る」

「野菜を食べた方が長生きする」

という風に書かれています

 

まぁ、でもそれはどっちでも良いですね

 

野菜中心の食事でも

ベジタリアンでもビーガンでも

健康は保証されないからです

【野菜が健康で肉はダメ?】野菜中心の食事で健康になれない3つの理由

【1か月ビーガン体験談】やりたい人が周りを巻き込まずにやれば良し

まとめ

 

僕は健康本を今まで10冊以上購入しても

健康になることはできませんでした

 

それは良い健康本に出会っていないから

ではなくて

 

健康本には対症療法しか

書かれていない

 

戦術の話ばかりで

健康に大切な戦略について

書いてある健康本がない

 

という理由です

 

逆に、僕のブログは

戦略も戦術も書いてあるのですが

 

その戦術を実行するための

具体的なノウハウが書かれていませんね

僕のブログで具体的なノウハウが見つからない理由

まぁ、僕のブログを読んで

満足できた人は良いのですが

不満がある人は健康コンサルを

申し込んでください

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている原因を

取り除くしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因を取り除けないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね

高くなければどんな健康法も台無しに!?メンタルヘルスを10分で測定しよう!