ゲンドーゲンドー

どうも!

健康コンサルタントの

ゲンドーです

⇒プロフィール

「70%が原因不明?ストレスを溜めると

「蕁麻疹(じんましん)」に

なりやすくなるかも」を読みました!

 

「腰痛の80%が原因不明」

と言われるのですが

 

それと同じように

「蕁麻疹(じんましん)の

70%が原因不明」っていうのも

あるみたいですね

 

で、「原因不明」って言われることは

たいていストレスのせいに

されてしまうのですが

 

そうじゃないよ、っていう話を

3つのポイントで

解説していきますね

 

「70%が原因不明?ストレスを溜めると「蕁麻疹(じんましん)」になりやすくなるかも」を読んで思うことその1:原因ではなく「原因に見える症状」が分からないだけ

 

原因不明の蕁麻疹に悩む人が

けっこういます

 

なんとその70%は、原因不明

なんだそうです

 

「80%の腰痛が原因不明」

だと20%の腰痛の原因が分かっていて

「70%の蕁麻疹(じんましん)が

原因不明」だと30%の原因が分かっている

 

ということが考えられます

 

でも、これって

原因が分かっている

わけじゃありません

 

むしろ

原因が分かっている

と思い込んでいるせいで

原因不明ばかりという事態が起きています

 

どういうことなのか?

 

原因不明って

「検査を受けても異常がない」

っていうことなのですが

 

「検査で異常な箇所があれば

それが原因」と思ってしまいます

 

分かりやすい例だと

プラークだったり腫瘍だったりです

 

で・・・

 

「あなたの症状の原因は・・・

プラークです!腫瘍です!」

と言ってしまうのですが

 

これらは「原因に見える症状」なので

原因ではありません

 

症状っていうことは

根本的な原因から生まれている

っていうことなので

 

これは原因じゃありません

 

この話は画像検査の話だと

イメージしやすいですが

 

血液検査でも同じことが言えます

 

高血圧、糖尿

というのも「原因に見える症状」です

 

つまり検査で調べられることって

「原因に見える症状」だけですね

 

ケガとかの症状だけ見つけて

それに対症療法をするっていうなら

良いのですが

 

これをケガ以外にまで

広げてしまったから

今の世の中が不健康な人で

あふれかえっています

何度検査してもあなたの症状の原因が分からない唯一の理由

「70%が原因不明?ストレスを溜めると「蕁麻疹(じんましん)」になりやすくなるかも」を読んで思うことその2:何でもかんでもストレスのせいにしすぎ

 

もしかしたら、それストレスが原因かも

 

「我々の素晴らしい技術の結晶である

検査で調べても異常が見つからないから

これは目に見えないストレスのせいに

違いないぞ!」と思われて

 

何でもかんでも分からなかったら

すぐにストレスのせいにされるのですが

 

これだけストレスが悪く言われると

ストレスがかわいそうになってきますね

 

冤罪ですよ、冤罪

 

要するに検査がショボいだけで

別にストレス以外にもいくらでも

考えられます

 

何かのアレルギーが原因かと思いきや、

実はストレスや疲労もその原因と

なりうるのだ

 

アレルギーも蕁麻疹(じんましん)も

仲間です

 

これらを分ける必要はありません

 

これらの症状は

原因が貯まっている体に

きっかけが加わることで起きる

アクティブな症状です

 

原因とは次の4種類あり

体に貯まって内臓に異常を起こし

様々な症状を引き起こします

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

 

糖尿も自律神経失調症も

癌(がん)もこれらの原因の量に応じて

症状として出ます

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

何が原因かは特定出来なくても、

疲労やストレス、食生活がじんましんを

悪化させるとされています

 

ストレスはしばしば蕁麻疹を

悪化させる要因となります

 

この場合のストレスって

原因ではなくきっかけです

 

蕁麻疹(じんましん)が

出る場合のことだけ考えると

原因が分からなくなります

 

原因って体に貯まるものなので

蕁麻疹(じんましん)が

出ていても出ていなくても

ずっと体に貯まっているものです

 

アクティブな症状は

原因ときっかけを

勘違いすると一生抜け出せないですね

 

なぜなら、原因ではないものを

原因だと思ってしまうからです

 

関係ないことに意識がいっていたら

解決できるものも解決できなくなります

 

「70%が原因不明?ストレスを溜めると「蕁麻疹(じんましん)」になりやすくなるかも」を読んで思うことその3:自律神経はストレス以外でも乱れる

 

自律神経が乱れると、蕁麻疹が出ます

 

原因不明のじんましんはストレスによる

自律神経の乱れから起こります

 

原因不明→ストレスが悪い

→自律神経失調症という流れが

一般的になっているのですが

 

先ほどの4種類の原因の

どれが体に貯まっていても

自律神経は乱れます

 

だから、別にストレスに

こだわる必要はありません

 

で、ストレスでも

化学物質でもウイルスでも

原因の量をゼロにする方法は

変わらないので

 

ストレスだろうか?化学物質だろうか?

ウイルスだろうか?それ以外だろうか?

って考える必要はありません

 

ただ、その方法を

知っておくことだけが大切です

 

まとめ

 

原因不明って言われますが

 

原因が分からないまま

原因に見える症状が原因だと

勘違いしてしまっているので

 

対症療法であることにも

気づかないまま

対症療法を受けてしまう

 

という背景があるので

 

「蕁麻疹(じんましん)の70%が

原因不明」と言われてしまいますが

 

蕁麻疹(じんましん)に限らず

どんな症状も原因不明で

対症療法ばかりされています

 

自律神経を乱すのも

別にストレスじゃないし

 

それが分からないのは

蕁麻疹(じんましん)が出ている人の

せいではなく

 

ただ、単純に検査の方が

ショボいからであるという話でした

【健康コンサルの感想】よもぎ蒸しがきっかけの原因不明の蕁麻疹(じんましん)に苦しんでいたまるこさん

どんな症状も原因が貯まることで

体の機能が低下し

自律神経が乱れています

 

だから、対症療法ではなく

原因をゼロにすることが大切ですね

 

そして、原因の量をゼロにする

方法さえ知っておけば

いちいち健康に気を使う必要はない

ということですね

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている

原因の量をゼロにするしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因の量をゼロにできないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね

高くなければどんな健康法も台無しに!?メンタルヘルスを10分で測定しよう!