元道(ゲンドウ)元道(ゲンドウ)

どうも!

健康コンサルタントの

元道(ゲンドウ)です

⇒プロフィール

なぜヘルニアとメンタルヘルスが

関係しているのでしょうか?

 

という質問をいただきました

 

あなたはヘルニアの原因は

何だと思いますか?

 

おそらく「姿勢の悪さが原因」

と思っていないでしょうか?

 

ヘルニアや肩こりのことで

健康コンサルを受けたい!

という人が結構来てくれるのですが

 

そういう症状の人にも

「まずはメンタルヘルス測定を

してくださいね」というと

 

「???」

という反応が返ってきます

 

「ヘルニアとか肩こりって

筋肉や骨格の問題だから

メンタルヘルスなんて関係ないだろ!」

と思ってしまいがちです

 

その発想だと

ヘルニアでも肩こりでも

今あなたが抱えている症状でも

対症療法をすることになってしまいます

 

そうならないためにも

ヘルニアとメンタルヘルスの関係について

分かりやすく解説します

 

ヘルニアは骨の問題ではなく内臓の問題

 

ヘルニアは、背骨の中にある椎間板がずれ

背骨の神経に当たって痛くなってしまう

という症状です

 

だから背骨や背筋に問題があって

起きる症状だと思われがちです

 

どんな症状でもそうですが

症状が出ている場所に

原因が貯まっているとは限りません

 

「ヘルニアだから、背骨だ!背筋だ!」

「姿勢が悪いからだ!」

という考えは一旦捨てましょう

 

なぜなら、ヘルニアの人は

内臓に問題があって

症状が出ている場合がほとんどだからです

 

内臓に歪みが骨格や筋肉の歪みを生む

 

ヘルニアは、姿勢が悪いから

骨格や筋肉に歪みが出てしまって

起きてしまう症状だと思われがちです

 

しかし、姿勢の悪さは

原因ではなく、きっかけです

姿勢を正せば健康になれると思っている人に欠けた3つの視点

なぜなら、純粋な姿勢が悪さによって

骨格や筋肉に歪みが出たとしても

 

ホメオスタシスがあるので

一晩睡眠をとれば元に戻ります

【楽するために使いこなそう!】あなたのためにせっせと働くホメオスタシス(恒常性維持)の分かりやすい取扱説明書

【睡眠は疲れを取る唯一の方法】睡眠で疲れが取れないのはヤバすぎる

しかし、それを邪魔してしまうものが

あります

 

それが僕がいつも話している

4種類の原因です

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

 

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

 

これらの原因が

貯まっているとホメオスタシスが

うまく働きません

 

もっと言えば

これらの原因が内臓に貯まっていると

内臓がカチカチになり

骨格や筋肉の問題まで

手が回らなくなります

 

というのも

 

あなたの体は

内臓がたくさん入っていて

その周りに骨格があって

その上に筋肉があって

という風にできています

 

そして、ただ

そこにあるのではなく

バランスを取り合いながら

存在しています

 

だから、骨格や筋肉に歪みがあったら

体のバランスが全体的に崩れている

と考えて良いです

 

だから、内臓にも歪みが出ている

ということですね

 

内臓が歪む原因は

先程の原因が貯まることです

 

そして、原因が貯まると

内臓がカチカチになります

 

とは言っても、肝硬変や脂肪肝

みたいな状態まで至っているケースは

少ないです

 

内臓と言ってもいろいろあるので

背骨の周りにあって

特に大きな内臓である

肺と肝臓で考えてみます

 

肺と肝臓に原因が貯まると

肺や肝臓のサイズが大きくなります

 

だから、正常な時より

多くのスペースを取ることになります

 

電車の席とかもそうですが

誰かのスペースが多いと

その分誰かのスペースが狭くなります

 

肺と肝臓のスペースが多くなった場合

膵臓や腸などのスペースを

少なくしようということには

まずなりませんね

 

なぜなら、体は内臓を

非常に大切にするからです

 

肺と肝臓に歪みが出ていて

バランスが崩れていても

なるべく内臓に

負担がかからないようにしたいので

 

内臓同士で圧迫し合う

ということは少ないです

 

それよりも

スペースが少なくても良さそうな

もっとあるんです

 

それが背骨や筋肉です

 

内臓と違って

背骨や筋肉は曲げたり伸ばしたり

ということができるので

元々余裕があります

 

だから、肺と肝臓が大きくなった分

割を食うのは背骨です

 

それで背骨が普段から

内臓に押されたような

バランスのとり方をします

 

そして、多くの場合

内臓を大きくする原因の量は

どんどん増えていくので

 

背骨もどんどん押されていきます

 

それが進み過ぎて

背骨が歪み過ぎて

椎間板が飛び出してしまい

ヘルニアになってしまう

ということですね

 

ここまで順序立てて

考えられたら素晴らしいですが

 

対症療法の文化がはびこっているせいで

「姿勢を正しくしよう!」

「骨格や筋肉の歪みを矯正しよう!」

「手術して背骨を元に戻そう!」

みたいなことしか

思いつけなくなっています

対症療法を続けているのに原因を取り除いていると思い込んでしまう3つの事例

そして、これらの対症療法は

無理やりなので

当然、内臓に大きな負担をかけます

 

ただでさえ、異物が貯まっているのに

矯正された背骨から

物理的な負担もかかるので

 

他の症状が出ても

仕方ありませんよね?

 

後々、どんどんひどいことになりますが

具体的にどうなるかは

ご想像にお任せします

 

そうなるのが嫌なら、対症療法ではなく

原因を取り除くことが大切ですね

 

メンタルヘルスが高くなければ内臓はカチカチになりヘルニアになる

 

それで、やっとメンタルヘルスの話が

できる準備が整いました

 

内臓に貯まるのは

 

先程の外的要因に含まれる

化学物質やウイルスのような

物質系のものだけではない

 

ということですね

 

どういうことか?

 

ストレスやトラウマのような

感情系のものも内臓に貯まります

 

これらの原因を内的要因と呼びます

 

それで、内的要因が貯まって

内臓をカチカチにして

最終的にヘルニアという症状を

引き起こしてしまうということですね

 

もちろん、外的要因が

絡んでくることもあります

 

しかし、外的要因も内的要因も

取り除き方は変わらないのですが

内的要因は注意が必要なので

あえて強調しています

 

メンタルヘルスが高くない人は

内的要因を取り除いても取り除いても

終わりがないということが

起きてしまうのです

 

メンタルヘルスが高くないと

ストレスやトラウマなどの

内的要因が貯まりやすいかは

何となくイメージできると思います

 

だから、僕は

「原因を取り除く前に

メンタルヘルスを測定して

アップしておいてくださいね」

ということを言っています

 

これはヘルニアに限らず

糖尿でも自律神経失調症でも

貧血でも低血圧でも

同じことが言えますね

 

だから、僕は

健康コンサルを希望する全ての人に

メンタルヘルス測定は必須としています

 

まとめ

 

背骨、背筋、そして姿勢の悪さしか

関係していないと思いきや

 

ヘルニアという症状を

引き起こしているのは

内臓の歪みによって

内臓が大きくカチカチになっている

ということでした

 

内臓に異常をきたすのは

内的要因や外的要因が貯まるからです

 

メンタルヘルスが高くないと

内的要因をいつまで経っても

取り除き終わりません

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている原因を

取り除くしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因を取り除けないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね

高くなければどんな健康法も台無しに!?メンタルヘルスを10分で測定しよう!