どうも、元道(ゲンドウ)です

 

あなたは未だに

「牛乳は体に良い」

「牛乳は骨を強くする!」

「牛乳で背が伸びる!」

と思い込んでいませんか?

 

ここ数年で、

インターネット上でも

牛乳が体に悪く危険であることに

気付く人が増えてきたので

良い傾向であると言えます

 

しかし、依然として

牛乳が体に良い影響を与える

と思っている人が

大半です

 

牛乳を飲む目的が

健康に関係なく

「ただ美味しいから」

というなら、止めはしないです

 

その代わりに

骨粗鬆症になって寝たきりになったり、

白内障になって目が見えなくなったり、

乳がんや前立腺がんができたり

 

ということが起きる覚悟だけは

しておいてくださいね

 

結局、牛乳は体に

何の良い影響を与えず、

悪い影響しか与えないどころか

 

「牛乳はかなり危険である」

ということが

今回の話を聞けばわかると思います

 

牛乳の危険性:骨粗鬆症で寝たきりに

 

1つ目の牛乳の危険性は

「骨粗鬆症」と「寝たきり」です

 

体の骨は

カルシウムやリンで

作られていています

 

だから、

「カルシウムをたくさん含んだ

牛乳を摂取すれば、

骨が今までより強くなる」

「牛乳をたくさん飲めば

背が伸びる」

 

という幻想が生まれがちです

 

ここで、甘いものと同様に

ホメオスタシスに従って

考えていきましょう

 

まずはカルシウムだけに

注目します

 

牛乳を飲むと

体の血中カルシウム濃度が

急上昇します

 

だからこの時点で

ホメオスタシスが発動します

 

血中のカルシウム濃度が

急激に低下します

 

ということは

牛乳を飲む前よりも

血中カルシウム濃度が

低下してしまいます

 

それを補うために

どこからか、カルシウムを

血液の中へ補わなければいけません

 

さて、カルシウムが

たくさんある場所は

どこでしょうか?

 

もちろん、それは骨です

 

だから、骨から

カルシウムを取り出して、

血中へ流して、

血液の中に補給してくれます

 

だから、牛乳を飲むたびに

骨の中のカルシウムが

減っていきます

 

だから、牛乳を飲むほど

骨は弱くなっていきます

 

もちろん、乳製品も同様です

 

だから、

牛乳や乳製品を盛んに

食べる国の代表格の

スウェーデンでは骨折率が高い

 

という研究結果が出ていますね

 

骨が弱くなるということは

骨粗鬆症になるということでもあります

 

後は

老人の背中が曲がっているのは

老化より劣化が原因ですね

 

あの背中は老化で曲がったというより

牛乳が原因で劣化して

骨が弱くなり、背骨が圧迫骨折しています

 

そこまで行くと大抵は

寝たきりになってしまいますね

 

何だかホメオスタシスの話を聞くたびに

ホメオスタシスが悪者であるかのように

感じてしまうかもしれませんが

 

悪いのは、体の中に

異物が入ってくることです

 

ホメオスタシスはうまく

使いこなせば、

というか余計なことをしなければ

体を正常に保ってくれます

 

だから、健康の秘訣

「余計なことをしない」

とも言えますね

 

更に、牛乳に含まれるリンに

体の中のカルシウムが結びついて

流れ出てしまう

 

ということもあって、

牛乳は骨粗鬆症に

どんどん拍車をかけていきます

 

これが1つ目の牛乳の危険性です

 

牛乳の危険性:白内障

 

牛乳は骨粗鬆症以外の

悩みも引き起こします

 

それが2つ目の牛乳の危険性である

白内障」です

 

若者の白内障が増加している

ということなので

よく読んでおいた方が良いです

 

水晶体を含めて目と言う臓器は

細胞の入れ替わりが

活発ではないので

 

他の臓器よりも

注意が必要ですね

 

今の僕は目について

詳しくないので

 

あと2年くらいで

レベル5+くらいまで成長したら

メルマガなどで

詳しく説明すると思います

 

これが2つ目の牛乳の危険性です

 

牛乳の危険性:乳がん

 

3つ目の牛乳の危険性は

「乳がん」と「前立腺がん」です

 

この記事には日本人は

乳糖を分解できないと書いてあるのですが

 

たまに

ちょっとは分解できたり、

最初から分解できる体質の人がいます

 

そんな人が

牛乳を飲み続けていると

どんな嬉しいことが

待っているかと言うと…

 

成長が早くなります!

 

しかし、あまり良い意味ではなくて

背が高くても、骨が弱かったりと

 

牛乳が家畜に使われる成長ホルモンの

ような働きをします

 

もっと、注目すべきことは

 

乳がんになりやすくなる

ということですね!

 

あと、男性なら前立腺がんですね

 

乳房も前立腺も

目と同様に

 

細胞の入れ替わりが

活発ではないので

注意したいですね

 

これが3つ目の牛乳の危険性です

 

まとめ

 

牛乳は学校の給食に出てきて、

ご飯の日でも、パンの日でも、

お構いなく、

飲むことを強制されてきました

 

だから、最近の若者に

白内障乳がん

多いのかもしれません

 

学生の時は、

学校の教員たちが

とても偉く、教えられることは

すべて正しいんだ!

 

と子供の頃は思ってしまいがちですよね?

 

だから、子供に教育する立場の

親や教員なら

牛乳の危険性をよく分かっていて

ほしいのですが、

 

大抵はレベル0なので

牛乳の危険性を理解していません

 

子供は牛乳の危険に

さらされることになります

 

だから、あなたには

少なくともレベル2レベル3

になってほしいです

 

そして、牛乳の危険性を

理解した上で

食生活や子育てをしてください

 

 

 

では失礼します