どうも、元道(ゲンドウ)です

 

今回は、牛乳と同様に

あなたの食生活に溶け込んでいるけど

実はあなたの体をおかしくする

「砂糖」の話をします

 

僕には不思議でたまらないのですが、

「砂糖は食生活に欠かせない!」

「塩と砂糖はセットだ!」

と思っている人が

世の中にはたくさんいます

 

あなたの体にとって、

塩は必要で、

砂糖は不要なのですが、

 

最近は「減塩」なんていう

言葉が流行り始めて

 

むしろ塩が体に悪くて

砂糖が体に必要である

 

という風潮が出来上がりつつあります

 

今回は、あなたに砂糖のことを

大嫌いになってもらい

砂糖断ちを始めてもらうための

説明していきますね

 

砂糖が体をおかしくする仕組み

 

まずは炭酸飲料などのジュースを

思い浮かべてみてください

 

よく言われることに

「炭酸飲料1本に

角砂糖が10個以上入っている」

ということがあります

 

あんなものを毎日ゴクゴク飲んでいたら

体がどんどんおかしくなっていく事が

なんとなく分かるはずですが、

 

今回はもっと深く考えていきましょう

 

例えば、塩水と砂糖水を

触ってみた場合、

 

塩水はサラサラして、

ただの水と大差ないのですが、

 

砂糖水はベタベタして

触っていて気持ち悪いと思います

 

その砂糖水のベタベタが

砂糖を食べる度に

あなたの体に入ってきます

 

吸収されて、砂糖が血管の中に

入ってきてしまうのですが、

 

あの砂糖のベタベタが

血液の中に入ると、

結晶化します

 

つまり、血液の流れが

悪くなってきます

 

あなたの体の血液の流れが

良い場合と悪い場合なら

どちらが健康的かは

言わずとも分かると思います

 

血液というのは

あなたの体全体を巡っているので

 

どこかの血液の流れがおかしくなると

そこから体調不良が始まります

 

体をおかしくする砂糖は断つ必要あり

 

砂糖は血液の流れをおかしくするので

全ての健康の悩みの

原因になると言えます

 

ここまで読んで、

「塩だって、血液の流れが悪くなるから

無理やり血液を流すために

高血圧になるんでしょ?」

と思ったかもしれないのですが

 

血圧を高くするのは

「塩」ではなく「食塩」です

 

そして、食塩と同様に

砂糖も結晶化することが原因で

 

血管をボロボロにしてしまい、

高血圧を引き起こすと考えられます

 

これは老化ではなく劣化で起こる

高血圧ですね

 

可能な限り砂糖断ちをしよう!

 

「砂糖」と「食塩」には

依存性があって

やめるのが大変かもしれませんが

 

まずはあなたの家のキッチンに

「砂糖」と「食塩」を

置くのをやめることから

始めましょう!

 

それが砂糖断ちの第一歩です

 

それでも、

あなたが購入している

一見砂糖が関係なさそうな

食べ物にも砂糖は

入っていると思います

 

中華料理なんかにも

たくさん入っていますよね?

 

つまり、お菓子や炭酸飲料などの

あからさまに砂糖が入っているものは

辞めることができたとしても

 

完全に砂糖を避けることは不可能です

 

だから、あなたは

レベル3になる必要があります

 

まとめ

 

・砂糖は全ての健康の悩みの原因になる

・塩でなく砂糖が血管をボロボロにする

・可能な限り砂糖断ちをする

 

 

 

では失礼します