ゲンドーゲンドー

どうも!
健康コンサルタントの
ゲンドーです
⇒プロフィール

「1日1食が最強の健康法だ!」

と思っている人が結構多くて

 

それを鵜呑みにして

始めてみる人が多いです

 

5年前の僕もその内の1人でした

 

確かに

頭の回転が早くなったり

調子が良いと感じたり

一定の成果は得られるのですが

 

それで健康になれるか?

 

と聞かれると・・・

 

うーん、無理ですね!

 

僕のコンサルに

足のマヒで申し込んでくれた

なおきさんという人がいるのですが

 

なおきさんは1日1食か2食だったのに

健康になれてなかったからです

 

なおきさん以外にも

「1日1食だったんだけど・・・」

という人はたくさんいます

 

1日1食で頭の回転が早くなるとか

体の調子が良くなる程度のことを

 

健康に効果があると勘違いすると

よろしくないので

 

5年以上1日1食を続けてきて

思うことを記事にします

 

1日1食を始めたきっかけ

 

大学2年の春に

出会った本がきっかけで

僕は1日1食を始めました

10冊読んでも100冊読んでも健康本で健康になれない理由

当時は、高校の時から

ずっと悩み続けてきた猫背を

 

「さすがに何とかしたい!」と思って

 

健康関連の本を集め

情報収集していた

 

僕がまさに

「健康オタク」

だった時でした

健康知識に詳しい健康オタクほど不健康な3つの理由

それまでは

「健康になるには

何かを足さなければいけない」

と思っていたので

 

逆に

「健康になるには

余計なものを減らそう!」

という発想の

 

「1日1食」には衝撃を受けました

 

僕の健康コンサルに

1日1食は全く取り入れていませんが

 

この「増やさず減らす」という発想には

強い影響を受けています

健康に関する相談に乗ります!健康コンサルとは?

僕は1食を夜に食べることにしました

 

その理由は

朝や昼と違って

夜は眠くなっても構わないからです

 

夜はそのまま寝るだけですよね?

 

また、1日1食を始めた時に

酵素ドリンクやら

断食ドリンクやらを

僕は用意しませんでした

 

今もそうです

 

わざわざ余計な手間を増やすと

逆に続かないと思ったからです

 

最初は空腹を感じることが

多かった気がしますが

 

しばらくすると収まるので

あまり気にしなかったです

 

また、1日1食に慣れた後は

空腹感も感じにくくなり、

 

感じたとしても

「お腹すいた」

と思った後には

 

もう空腹感を感じていない

という境地に至りました

 

1日1食はメリットはあるけど万能ではない!

 

結局、1日1食をして得られたメリットは

頭の回転が早くなり集中力がアップしたり

眠りくなりにくかったり

 

ということがあるのですが

 

最大のメリットは

「1日3食しっかり食べないといけない」

という先入観から解放されたことですね

 

何がメリットか?

 

選択肢が増えたということですね

 

1日1食を始める前は

「朝これを食べて、昼はあれを食べて」

のように必ず食べないといけない

という強迫観念めいたものがあった

のですが

 

「別に、どっちでも良いんだ!」

と思えるようになって気持ちが

楽になりました

 

「1日3食食べないとダメ!」

「1日1食じゃないと健康になれない!」

みたいなことを1日1食を始める前や

始めたばかりの頃は思っていたのですが

 

5年も続けていると、どちらのパターンも

試すようになって

 

「そんなに変わらないな・・・」

と思うようになりました

 

つまり、食事は

健康に大した影響を与えない

ということも分かりました

 

更に、体に貯まる原因のことを

考えると別に1日1食は

原因を取り除けないということですね

 

1日1食をストイックに続けていても

原因が貯まってしまうこともあれば

 

逆に、1日2食や3食だったのに

全然原因が貯まらないということも

ありました

 

原因とは次の4種類あり

体に貯まって症状を引き起こします

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

1日1食で取り除くことができるのは

外的要因だけなので25%で

更に量や種類的にはそのうちの

良くて20%くらいなので

 

全体の5%くらいですね

 

「もっと、少ないだろ!」

と思うかもしれませんが

まぁ、このくらいで良いですね

 

だから、1日1食は万能ではありません

 

1日3食で内臓がフル稼働している人が

1日1食にして内臓を休めることで

内臓が元気になれば

貯まった原因も取り除かれるであろう

 

という体に期待しきった発想や方法は

うまくいかないですね

 

体への期待をゼロにしろ!

とは言いませんが

 

僕は健康アイテムを使用しているので

全然体に期待していないですね

 

自分に合った食事のタイミングを見つけよう!

 

結局のところ

「1日何食が良いか?」

「朝、昼、晩、いつ食べると良いか?」

という問題については

僕は答えを出しません

 

食事がどうであれ

あなたが努力ゼロの健康法則を

身につければ気にならなくなるからです

 

逆に、食事を気にしているようだと

身に付いていないことになります

 

食事のタイミングは

各々好きにやると良いですね

 

まとめ

 

1日1食を5年以上続けた結果

 

「1日3食しっかり食べなきゃ!」

という先入観を捨てることができました

 

また、どれだけ1日1食を続けていても

貯まった原因を取り除くことに

ほとんどつながらないので

無理してやることではないです

 

全然、1日1食は万能ではありません

 

断食も同様ですね

【3日断食体験談】身の危険を感じたのでオススメできません

だから、最近は自由にしていますね

 

1食の日も2食の日も3食の日もあります

 

別にそれで僕の健康は左右されないので

気にする必要がないんですね

 

「しっかり食べないと体に毒」

という迷信を捨て去ったので

 

食事の優先順位が下がったので

食事よりもブログを書きたい時は

ブログを書きまくるし

 

「ご飯食べたい!」と思ったら

食べるようにしています

 

ただ、食事の優先順位を

下げ過ぎると断食状態になって

体が動かなくなるので

その点は少し注意しています

 

頑張って1日1食をしたところで

と思っているので

コンサル生の人にも

全然「1日1食にしてください」

と言わないし、本当にやらなくて良いです

 

どうしてもやりたい人は

健康目的ではなく趣味目的で

やってくださいね

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている原因を

取り除くしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因を取り除けないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね

高くなければどんな健康法も台無しに!?メンタルヘルスを10分で測定しよう!