ゲンドーゲンドー

どうも!

健康コンサルタントの

ゲンドーです

⇒プロフィール

「花粉症の季節じゃないのに…

その鼻炎実はストレスが原因だった!?」

を読みました!

 

また、ストレスが悪者にされていますね

 

ストレスはきっかけなのに

原因扱いされてしまうことが多いです

 

ちゃんと説明するなら

「ストレスを感じること」がきっかけで

「ストレスが貯まっていること」は原因

となります

 

「花粉症の季節じゃないのに…その鼻炎実はストレスが原因だった!?」を読んで思うことその1:ストレスは原因ではなくきっかけ

 

ストレスが原因で鼻炎になることも

あります。鼻炎は自律神経と大きく

関係しているからです。

 

ストレスと自律神経って

セットみたいになっていますが

 

ストレス以外に

自律神経を乱す原因は

いくらでもあります

 

原因とは次の4種類あり

体に貯まって内臓に異常を起こし

様々な症状を引き起こします

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

 

糖尿も自律神経失調症も

癌(がん)もこれらの原因の量に応じて

症状として出ます

 

さらに、自律神経も乱れているので

体の不調がある人は

全員、自律神経失調症である

と言えます

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

鼻炎の原因は、アレルゲンという

アレルギー抗体が体内で異常活動を

することで必要以上に体を防御しようと

してしまうことにより発生します。

 

「鼻炎の原因はストレス」

って書いてあったのに

 

「鼻炎の原因は、アレルゲン・・・」

と別のことが書いてありますね

 

健康の世界では

原因って先ほどの4種類しかありません

 

だから

「アレルゲンというアレルギー抗体が

体内で異常活動をすることで

必要以上に体を防御しようとしてしまう」

っていうのは症状です

 

症状には必ず原因があるので

やっぱり元をたどると

4種類の原因に行き着きます

 

検査だと原因ではなく

「原因に見える症状」しか

探していないので

 

最初から原因は見つかりません

 

ポリープや腫瘍などの

「原因に見える症状」を

原因だと思い込んで

根本的な解決っぽい対症療法をするか

 

「原因に見える症状」が

見つからなくて「原因不明」って

言われるかどちらかの未来しか

ありません

 

どちらにしても、検査が

ショボいことが悪いですね

何度検査してもあなたの症状の原因が分からない唯一の理由

ストレス性鼻炎の方は、ストレスが

たまることでアレルゲンの活動を

刺激してしまうのです。

 

「アレルゲンというアレルギー抗体が

体内で異常活動をすることで

必要以上に体を防御しようとしてしまう」

という症状が出てしまうような

 

4種類の原因が貯まっている体に

ストレスなどのきっかけが加わることで

 

症状が出てしまうということです

 

原因の量がボーダーを超えると

症状が出てしまうのですが

 

鼻炎や糖尿、そして喘息などは

ストレスなどのきっかけが

加わることで

 

一時的に原因の量を底上げ

してしまうので

 

原因の量がボーダーを

超えていなくても

症状が出てしまいます

 

「花粉症の季節じゃないのに…その鼻炎実はストレスが原因だった!?」を読んで思うことその2:症状を分類しても仕方ない

 

鼻炎をストレス性鼻炎とか

アレルギー性鼻炎とか

血管運動性鼻炎とか

のように

 

分類しても仕方がありません

 

なぜなら、どんな症状の出方をするかは

完全に個人差だからです

 

分類して症状に合ったことをしていても

それは対症療法以外の何者でもないので

根本的な解決にはなりません

 

どんな症状でも

原因が貯まって起きている

という点で根っこの部分は同じです

 

で、原因に注目すると

原因が4種類のうちのどれだったとしても

 

原因の量をゼロにする方法は

変わりません

 

化学物質の場合はこうで

ウイルスの場合はああして

脂質の場合はこっち

 

みたいなことはやらなくて良いです

 

だから症状にとらわれず

原因をゼロにすることが大切ですね

 

「花粉症の季節じゃないのに…その鼻炎実はストレスが原因だった!?」を読んで思うことその3:原因の種類より量を把握しよう!

 

予防は難しいが、背景にはストレスや

睡眠不足があると考えられている。

少なくともストレスを軽減し、

十分な睡眠を取るように心がけるとよい。

 

睡眠不足もストレスも

原因ではなくきっかけですね

 

原因の量をゼロにする場合に

何が一番大切かと言うと・・・

 

原因の量を把握しておくことです

 

「私の症状の原因は何でしょうか?」

って言う人がとても多いのですが・・・

 

原因をゼロにする方法は同じなので

原因の種類は正直何でも良いです

 

それよりも大きな問題があります

 

スポーツや趣味で

ストレス発散の場合って

 

始める前にストレスの量が80で

終わった後にストレスの量が50みたいに

 

量で把握できませんよね?

 

ストレスが貯まっているところに

更にストレスがきっかけとなって

いる場合でも

 

貯まっているストレスの量が

「80だ!50だ!」と言う風に

ちゃんと把握できる方法で

ゼロにすることが大切です

 

このように

原因の量を具体的に把握して

ゴール設定ができる方法は

原因の量をゼロにしている

と言えますが

 

もしそうでないなら

根本的な解決っぽい対症療法なので

注意が必要です

 

まとめ

 

自律神経はストレス以外でも乱れるし

 

ストレスが原因って

言われている症状は

「ストレスがきっかけ」で

原因は別にあります

 

もし、本当にストレスが

原因として貯まって起きているとしても

ちゃんと量を把握できる方法を

選ぶことが大切ですね

 

そして、原因の量をゼロにする

方法さえ知っておけば

いちいち健康に気を使う必要はない

ということですね

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている

原因の量をゼロにするしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因の量をゼロにできないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね

高くなければどんな健康法も台無しに!?メンタルヘルスを10分で測定しよう!