ゲンドーゲンドー

どうも!
健康コンサルタントの
ゲンドーです
⇒プロフィール

「自分に合った勉強法」

「自分に合った働き方」

「自分に合った生き方」

 

のように

 

「自分に合った」という言葉が

前に付くと

 

何だかすごく良いこと

のように感じてしまいます

 

確かに、ほとんどのことは

自分に合った方法で良いのですが

 

自分の症状に合った対症療法だけは、

やらない方が賢明です

 

なぜなら、長期的に見て

症状が悪化してしまうからです

 

その3つの理由を解説します

 

自分に合っていることは基本的には良いことだけど・・・

 

例えば、学校だと

授業を受けるのですが

 

授業が生徒全員のレベルに合っている

ということは基本的にないですよね

 

だから

「生徒一人一人に合った

勉強をしなければならない」

 

と言われたりするので

「自分に合った○○」という

言葉には良い響きを感じます

 

しかし、健康の場合は別だ!

と考えてください

 

なぜなら、健康以外のことは

ゴールが別々だけど

健康に関してはゴールが同じだからです

 

小学校とか中学校で勉強する時に

勉強する目的って人それぞれ

全然違うと思うんですよね

 

逆に生徒全員の将来の夢が

全く同じということはあり得ないです

 

しかし、健康の場合は話が別です

 

健康とは

「心も体も原因が貯まっていない状態」

です

 

だから、原因が貯まっていない状態

原因が意識せずに貯まらない状態が

健康のゴールです

 

自分の症状に合っていたらそれは対症療法

 

しかし、例えば

肩こりの人と糖尿の人に

同じことをする必要があると

思えるでしょうか?

 

思えたらあなたは

健康のことをよく分かっている証拠です

 

しかし、多くの場合

肩こりだとシップしたり

整形外科に行ったりマッサージに行ったり

毎月1万円マッサージに使ってしまう人の3つの問題点

と考えて

 

糖尿の場合は、食事制限やインスリン注射

が必要になってくる

 

と考えてしまいます

 

しかし、それはあなたの症状に

あせているので対症療法です

 

その時点で原因を取り除いている

とは言えません

 

肩こりだろうと糖尿だろうと

どんな症状でも

やることもやり方も同じです

 

しかし、対症療法の文化が

広まり過ぎていて

それに気づかない人がほとんどです

 

症状を抑えることで症状が悪化する

 

対症療法では症状を消すのではなく

抑えようとします

 

対症療法は言わば先送りです

 

「糖尿には対症療法しかない」

「花粉症には対症療法しかない」

と言われるのですが

糖尿には対症療法しかない!が間違っているたった1つの理由

花粉症の原因は花粉!は間違っているワケ

基本的に全ての症状に対症療法が

行なわれています

 

では、その違いは何か?

 

先送りができているかどうか、です

 

糖尿や花粉症、そして希少な症状は

先送りができないので

対症療法が対症療法だと分かるのですが

 

それ以外の症状は

先送りができてしまうため

対症療法が対症療法だと分からない

ということですね

 

「糖尿の人は

糖質制限をしてもインスリン注射をしても

ずっと糖尿のまま」は先送りが

できないから対症療法が対症療法だ

と分かるのですが

 

「肌が赤くなったから

薬を塗ったところ、元に戻ったから

薬が効いたぞ!」というは

先送りができているので

対症療法が対症療法に見えない

典型例ですね

対症療法を続けているのに原因を取り除いていると思い込んでしまう3つの事例

癌も同じですね

https://gendoh01.com/cancer-cause/

対症療法をやっているのに

原因を取り除いている

根本的な解決をしていると勘違いして

 

「3度も癌を克服しました」

とか言う人がいるのですが・・・

 

実は先送りしているだけなので

これから先も何度も降りかかります

取り残しているからではなく・・・癌(がん)が再発してしまう3つの理由

症状とは体があなたに

「原因を取り除いてよ!」

と伝えるためのSOSサインです

 

原因とは次の4種類あり

体に貯まって症状を引き起こします

 

・外的要因(化学物質やウイルスなど)

・内的要因(ストレスやトラウマなど)

・体質的要因

・遺伝的要因

【永久保存版】原因不明なんて言わせない!あなたの症状を引き起こしている原因は4種類だけ!

でも、対症療法では

その大事なSOSサインを

途中で邪魔してかき消してしまうので

 

発信源ではずっとサインを出してことに

あなたは気づかないので

問題が解決したと勘違いしてしまいます

 

それは薬の仕組みを

ちょっと知っていれば分かります

 

それで、症状を抑える最大の問題は

根本的な原因を見逃すことも

そうなのですが

 

それをやっていると

症状が強くなったり他の症状が出てしまう

ということですね

 

だって、SOSサインですからね

 

あなたが無人島にいて

もうすぐ死にそうな時に

SOSを送った時

1回送って気づいてもらえなかったら

どうするのか?

 

考えれば分かります

 

大声で知らせたらもっと大声を出すし

ノロシがダメだったら

砂浜に「SOS」の文字を大きく書くし

 

ありとあらゆる手段で

助けを求めると思います

 

症状も同じです

 

あなたに気づいてほしくて

もっと強い症状を出したり

他の症状を出したりします

 

だから、別に体が嫌がらせを

しているわけではないんですね

 

ただし、無人島でも症状でも

限界というものがあるので

いつか、あきらめてしまう

ということも忘れないでくださいね

 

結局、究極的に健康に関して

「自分の症状に合った」ではなく

「自分に合った」をするには

 

症状の根本的な意図を読んで

原因を取り除くしかない

ということですね

 

まとめ

 

健康以外はゴールが違うので

「自分に合った」で良いのですが

 

健康はゴールが全員同じで

原因を全て取り除いて

原因が貯まらないようにする

 

ということなので

 

症状に合わせるのではなく

原因を取り除く

どんな症状に対しても

同じことをすることが大切ですね

 

体は対症療法を続ける限り

もっと強い症状や別の症状を

引き起こします

 

体があきらめてしまう前に

原因を取り除くことが大切ですね

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには

あなたの症状を引き起こしている原因を

取り除くしかありません

 

そして、原因を

取り除く前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人だけ

原因を取り除けないということが

起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることが大切ですね

高くなければどんな健康法も台無しに!?メンタルヘルスを10分で測定しよう!