どうも、元道(ゲンドウ)です

 

あなたは健康の悩みを解決するために

「自分に合った治療」が

必要だと思っていませんか?

 

「自分に合った勉強法」

「自分に合った働き方」

「自分に合った生き方」

のように

 

「自分に合った」という言葉が

前に付くと、

 

何だかすごく良いこと

のように感じてしまいます

 

確かに、ほとんどのことは

自分に合った方法で良いのですが

 

「自分に合った治療」だけは、

やらない方が賢明です

 

その理由を順番に解説していきます

 

あなたの症状に合った治療は対症療法

 

あなたに合った治療とは

 

あなたの「症状に合った」治療法なので

全て「対症療法」です

 

例えば、病院で受ける治療は

全て対症療法です

 

なぜなら、病院では

症状しか分からないからです

 

「のどが赤いですねー」

「血糖値が高いですねー」

が映っていますねー」

 

これらは全て症状です

 

決して悩みの原因ではありません

 

病院の検査では、症状しか

判断することができないです

 

分からないことには

手を出すことができないので、

 

対症療法をするしかないです

 

「なぜのどが赤いか?」

「なぜ血糖値が高いのか?」

「なぜが映っているのか?」

 

ということは分かりません

 

だから、

「のどの炎症を抑える薬を使おう!」

「血糖値をとにかく下げよう!」

を取り除こう、消そう!」

 

という対症療法をやります

 

症状を抑える治療で、症状が悪化する

 

「対症療法で症状が消えるなら

それで良いじゃないか!」

と思うかもしれません

 

僕もそれだけで済むなら

良いことだと思います

 

しかし、対症療法をやると

起きることがあります

 

それは

「症状の悪化」

もしくは

「別の症状の発生」

です

 

どういうことかというと

 

 

このように

対症療法で症状を抑えると

更に厄介なことが起きます

 

これは悩みの原因の正体である

「悩みのピラミッド」です

 

なぜ悩みのピラミッドが

対症療法で大きくなってしまうかというと

 

症状とはあなたの体が

発しているサインだからです

 

どんな内容のサインかというと

「原因を取り除いてよ!」

というものです

 

考えてみると、

当たり前ですよね?

 

あなたも、

うまく行かないことがあったら

 

その結果を見て

原因を取り除くはずです

 

例えば、僕は

このブログのデザインが

崩れていたら

 

必ずデザインが崩れた

原因を考えて、

その原因を取り除きます

 

これって別に

特別なことではありませんよね?

 

あなたの悩みの症状も

同じです

 

しかし、

原因を考えずに

症状を抑えるということは

 

加湿器の給水ランプが点灯した時に

電源からコンセントを抜いて

給水ランプを消してしまうことと同じです

 

あなたがやることは

給水ランプを消す、ではなく

水を補給する、ですよね?

 

つまり、

あなたがやるべきことは

症状を抑えることではなく、

原因を取り除くことです

 

加湿器なら、

症状を抑えたら、

加湿器が使えないだけで済みますが

 

あなたの体はそうはいきません

 

例えば、

ゴム球を手で押したら

反動で跳ね返ってくるという

「作用・反作用の法則」

 

あってはならないことですが

泣いている赤ちゃんの口を押さえたら

もっと大声で赤ちゃんが泣く

 

これと同じで、

あなたが原因を取り除かないと

あなたの体はもっと強く

サインを発します

 

つまり、症状が悪化したり

別の症状が表れる

ということですね

 

更に強く症状を抑える負のスパイラルに・・・

 

「悪化」や「別の問題の発生」

という事態になったら

 

今までにやった方法の

「方向性が間違っている」

ということに気づけると良いのですが

 

人は何だかんだ言って

 

「自分の選択がベストだったと信じたい」

 

「今までにかけた労力が

惜しくて惜しくてたまらない」

 

「間違っていたと認めるなんて

あってはならないことだ」

という生き物なので

 

「今までの方法の方向性は

合っているけど、

強さが足りなかったんだ」

と思ってしまいます

 

だから、もっと強く

症状を抑える治療を選びます

 

もっと強い(効く)薬、

放射線や抗がん剤に手を出します

 

後は簡単ですね

ループです

 

症状が悪化→もっと強く症状を抑える

→もっと症状が悪化

→もっともっと症状が悪化

 

この負のスパイラルを

生涯に渡って繰り返します

 

そして、多くの場合、

「別の症状の発生」が続くので、

 

「あれ、おかしいな?

最初の症状と全然関係ない

症状が出て死んでしまったぞ?」

という終わり方をします

 

悩みの症状は全てが

関係していることに

気が付かないまま

 

まとめ

 

「あなたに合った治療」は

あなたの症状を悪化させたり、

別の症状の発生を促したり、

するので

 

症状ではなく、

悩みの原因を取り除くことが大切

 

 

 

では失礼します