運に依存し過ぎた人生になっていませんか?

 

どうも、元道(ゲンドウ)です

 

あなたは

運が良いですか?悪いですか?

 

今日は結局それはどちらでも良い

と言う話をします

 

なぜなら、運に依存しても

良いことはないからですね

 

運に依存しているということは

自分の実力ではどうにもならないことに

期待しすぎているということになります

 

運が良いことは人生において重要だけど・・・

 

「自分は運が良い」

と思うことは大切です

 

僕も

「自分は運が良い」

と思って生きています

 

だからと言って

自分の運の良さに

あぐらをかいているわけではありません

 

なるべく運に頼らないように

しています

 

つまり自分の実力で

全てのことを解決しようとしています

 

運に頼るということは

「自分の実力ではどうにもならない」

ということを認めていることになります

 

なるべく運に頼らず、ラッキーと思える人生を送ることが大切

 

運頼み、神頼みの人生を送っていても

ろくなことはありません

 

人生は自分の実力で

切り開いていくものです

 

よく社会で成功した人を

批評する人が

 

「あの人は運が良かったから成功した」

と言うことがありますが

 

よくよく考えてみると

その人は運が良かっただけの人

ではないことが分かります

 

その場合の

運が良かったというのは

「気づくのが早かった」

ということです

 

チャンスはどこにでも

転がっていますが

 

チャンスはあなたに

「これはチャンスです!」

とアピールしてくれることはありません

 

むしろそんなアピールをしてくる

チャンスは怪しいですね

 

それがチャンスかどうか

見分けるためには

あなたの実力が必要です

 

チャンスを掴んで

成功した人を見て

多くの人は

 

「運が良かったんだ!」

と思うでしょうが

 

実際には

「実力があったんだ!」

ということになります

 

実力がなくて

運頼み、神頼みばかりだと

 

自分の人生を実力でコントロールできない

他力本願な人間になってしまいます

 

そうならないためにも

あなたの実力を上げて

運に頼らないようにしておく

ということが大切です

 

実力の中でも特に重要な

仕事力をアップさせる方法は

こちらで紹介しています

 

 

 

では失礼します