ゲンドーゲンドー

どうも!
3か月で卒業の健康法を伝える
ゲンドーです

あなたがどんな「原因不明」とされる症状であっても、どれだけ「異常なし」と言われてきたとしても、必ず行ってほしい所があります。

 

それが「整体っぽくない整体」です。

 

ハリーハリー

整体って

肩こり・腰痛だけ

じゃないの?

 

整体と聞くと肩こりや腰痛など関節系のイメージがありますよね?

 

確かに、一般的な整体ならそうだと思います。でも、整体は資格がない分ピンからキリまであるんです。

 

その整体の中でもゲンドーが相談に来てくれた人に必ず紹介しているのが「整体っぽくない整体」です。実はどんな症状の人でも必ず「整体っぽくない整体」に行ってもらいます。

 

これは「今までに整体に通っていたんだけど・・・」という人も例外ではありません。

 

蕁麻疹(じんましん)で苦しんでいたまるこさんもそうでしたし、不眠や両腕のだるさで苦しんでいたヒッキーさんもそうでした。

 

彼らがなぜ満足できなかったのか?

 

それは「整体と相性が悪い」ではなく通っていた一般的な整体が「対症療法」だからです。

 

ゲンドーゲンドー

対症療法だと満足できないし…

ハリーハリー

ずっとリピートする

ことになっちゃう…

 

しかし「整体っぽくない整体」を選ぶってなかなか難しいです。

 

なぜなら、今の世の中「対症療法」の一般的な整体ばっかりだからです。「ばっかり」というより「それしかない」と言っていいくらいです。

 

普通の整体に限らず、あなたの周りには対症療法しか用意されていません。

 

一見、根本的な解決に見えるたくさんの対症療法のせいで、あなたはいつまでたっても健康になれませんでした。

 

だから「整体っぽくない整体」の選び方を3つのポイントでまとめることにしました。そして、その特長も載せます。

 

ではこれから人生で10回は行っておきたい「整体っぽくない整体」の選び方について解説していきます。

※「整体だったら何でも良い」というわけではないので注意してくださいね!

 

「自分の症状の専門だから」で選ばない

あなたは整体を(鍼灸や整骨も含めて)こんな理由で選んだことはありませんか?

 

「○○専門」だから

 

例えば「自律神経失調症専門の鍼灸」「過敏性腸症候群専門の整体」みたいな感じですね。

 

ハリーハリー

自分の症状に

対応してくれるよ!

ゲンドーゲンドー

でも、それだと

うまくいかないんだよね…

 

でも、この選び方って僕に相談に来てくれた人が過去にやってしまった選び方なんですよね!

 

「○○専門」って聞くとなんだかすごそうな気がします。

 

「自分の症状をなんとかしてくれるのかな?」と思いますよね?

 

でも、よく考えてほしいことがあります。それは「その症状のことしか対応できないんじゃないか?」ということです。

 

もし、専門の意味が「自律神経失調症しか対応できません」「過敏性腸症候群だけやってます」だったら、根本的な解決にならない対症療法ということになってしまいます。

 

そんな所にあなたの大切なお金や時間を費やせますか?とはいえ、こういったことを知らないから日本人は生涯で平均2,500万円ものお金を対症療法に注ぎ込むことになってしまいます。

 

だから、選ぶ時は「どんな症状にも対応できる」という所を選んでください。

 

例えば、僕は「原因不明の足のしびれ(対麻痺)」で苦しんでいたなおきさんに「婦人系・不妊専門の整体です」と宣伝している「整体っぽくない整体」を紹介したことがあります。

 

なおきさんは最初「婦人系・不妊って書いてあるんですが大丈夫でしょうか?」と思って半信半疑でした。この反応は当然ですよね?

 

不妊と足のしびれだと全く違うことをする必要があると思ってしまいますよね?

 

でも、症状によって違うことをするのは対症療法です。

 

健康の本質を理解していれば「不妊でも足のしびれでも内臓に4種類の原因が貯まって起きているという点で変わらない」「だから、やるべきことも変わらない」ということが分かります。

 

結局、その「整体っぽくない整体」でちゃんと対応してもらえたことになおきさんはとても驚いていました。そして、それ以上にその整体の先生が驚いていたそうです。「婦人科・不妊って宣伝してるのに何で分かったの!?」というリアクションだったそうです。

 

なぜこの「整体っぽくない整体」はどんな症状にも対応できるのに「婦人系・不妊」で宣伝していたのか?

 

それは「なんでもできます」よりも「婦人系・不妊専門」の方が、やはり最初に説明したように「自分の症状をなんとかしてくれるのかな?」と思う人が多く集まりやすいからです。

 

そして、それをすることで「特に婦人系・不妊の症状で困っている人の役に立ちたい」という信念を貫くことができます。

 

「自分の症状の専門だと看板やホームページに書いてあるから」で選ばず「他の症状でも対応できるけど宣伝のために症状を専門化しているだけ」ということを見抜くことが大切ですね。

 

「根本的な解決ができる」で選ばない

あなたは人生で一体、何度この言葉を聞いたでしょうか?

 

「あなたの症状を根本的に解決します」

 

僕はTwitterをやっているのですがいつも健康のことを伝えていると、フォロワーの人に整体を経営している人が多くなります。

 

そして、その人達の整体のホームページを見ると必ずと言っていいほど「あなたの症状を根本的に解決します」と書いてあります。

 

でも、これってよく考えると当たり前なんですよね。

 

逆に「うちの整体はその場しのぎの対症療法しかできません!それでもよろしければどうぞ!」なんて所があると思いますか?

 

そんなこと書いたらお客さんが全然来なくなって一瞬でお店が潰れてしまいます。

 

だから、そうならないために「根本的な解決ができる」「原因を取り除くことができる」ってみんな書いてきますよ!

 

ハリーハリー

じゃあ、どうすればいいの?

 

じゃあ、あなたは何を判断基準にすれば良いのか?

 

それは「あなたの体に貯まった4種類の原因の量を把握できるかどうか」ということです。

 

「根本的に解決できる!」「原因を取り除ける!」と言うだけの一般的な整体は絶対にこれができないからですね。

 

原因の量が把握できるならそれこそ何でもできるのでそっちの方が安心ですね。

 

卒業させてくれる(大体10回くらい)所を選ぶ

一般的な整体は「健康であり続けるためには整体にずっと通ってください」「歪みを定期的に矯正する必要があります」と言ってきます。そんな所に行っていてもあなたはいつまで経っても健康になることはできません。

 

ずっと通う必要があるのはそこが根本的な問題を放置して対症療法ばかりするからです。

 

そして、健康になることもできずあなたはその対症療法の整体に一生お金を払い続けることになりますし、時間も無駄になります。

 

しかも根本的な問題は放置していると、どんどん大きくなっていくのであなたは健康からかけ離れていきます。

 

でも、そんなの嫌ですよね?

 

ハリーハリー

ずっと通い続けないと

いけないの?

ゲンドーゲンドー

そうならないように

卒業がある所を

選ばないとね!

だから、あなたは「卒業させてくれる整体っぽくない整体」選ぶことが大切です。

 

卒業の目安は大体10回くらいで週1回ペースなので2か月半~3か月くらいですね。これが僕がいつも3か月って言っている理由でもあります。

 

だから、この記事のタイトルも「人生で1回は行っておきたい」ではなく「人生で10回は行っておきたい」にしてあります。

 

でも逆に、1回で卒業するのは不可能なのでもし「1回でOK」「一発で解決」みたいに書いてある整体を見つけたらそこは対症療法なので注意してください。

 

体に貯まった原因の量を1回でゼロにするなんて、急激な変化を起こすのはあなたの体にとって危険すぎますからね。

 

健康をちゃんと理解していたらそんな危険なことは絶対にやりません。

 

整体っぽくない整体の7つの特長

 

整体っぽくない整体には次の7つの特長があります。

  • どんな症状にも対応
  • 痛くない・ボキボキしない
  • 施術時間が短くなっていく
  • 施術実績(人数)が多い(10万人以上という所も)
  • 1対1の所がほとんど
  • 10回前後で卒業
  • お店に通わなくても施術が受けられる

 

どんな症状にも対応

症状でなく根っこの原因にアプローチするので、整体っぽくない整体は「〇〇専門 」のように対応できる症状に限りがありません。

 

なので、あなたが「自分の自覚症状は一般的ではない・信じてもらえない」「自分の自覚症状に対応してもらえるかな?」と不安に思っていたとしても、

 

整体っぽくない整体ではそのことは問題になりませんので安心してくださいね。

痛くない・ボキボキしない

整体っぽくない整体には「痛くない・ボキボキしない」という特長もあります。

 

触れるか触れないかという力で施術をするので「痛いのが怖い」「体になるべく触れられたくない」という不安があっても、安心して施術を受けられます。

 

施術時間が短くなっていく

不思議に思うかもしれませんが、整体っぽくない整体は1回の施術時間が30分、1時間のように決まっていません。

 

もちろん、初回はあなたの自覚症状や現状に関してヒアリングがあるので時間をかけてもらえます。

 

しかし通う回数が多くなるほど、体の施術(調整)すべき箇所がどんどん減っていくため、施術時間もそれに比例して短くなっていきます。早いと5分か10分で終わることも珍しくありません。

 

施術実績(人数)が多い(10万人以上というところも)

整体っぽくない整体は施術実績(人数)が多いところばかりです。施術実績(人数)が1万人以上というところが珍しくありません。

 

ちなみに、ゲンドーが卒業した整体っぽくない整体のホームページには4万人以上とでした。中には、10万人以上という所もあり、かなりの経験を伴った施術を受けることができます。

 

1対1の所がほとんど

整体っぽくない整体は1人で運営されてる所がほとんどです。ゲンドーが通っていた整体っぽくない整体もそうでした。

 

やっぱり自分の自覚症状や現状の話はむやみに他の人に聞かれたくないものですよね?

 

整体っぽくない整体はそういった心配がなく、整体っぽくない整体の先生に安心して話せる所ばかりです。

 

10回前後で卒業

整体っぽくない整体には卒業があります。対症療法ではなく、根っこの原因にアプローチして解決するからです。卒業までの回数は平均10回前後です。

 

よって、対症療法と違い、トータルの料金をかなり安く抑えられます。

 

お店に通わなくても施術が受けられる

これはかなり裏技です。

 

全てではなく、一部の特に技術の高い整体っぽくない整体限定のサービスです。

 

家や職場から遠過ぎたり、症状が重過ぎたり、仕事や家事が忙しかったりしてお店に通えない場合にも施術が受けられます。

 

この詳細については、後ほどお渡しする整体っぽくない整体の所在地リストを参考にしてくださいね。

 

まとめ

あなたがどんな原因不明とされる症状であっても、今回説明した「整体っぽくない整体」に10回は行ってほしいです。

 

対症療法の整体を選ばないように・・・

 

「自分の症状の専門である」:×

「どんな症状にも対応できる」:〇

 

「根本的に解決できる」:×

「原因を取り除くことができる」:×

「貯まった原因の量を把握できる」:〇

 

「いつまでも卒業させてくれない」:×

「10回くらいで卒業させてくれる」:〇

 

この3つの条件を満たした「整体っぽくない整体」に通ってくださいね!

 

といっても・・・

 

整体っぽくない整体ってやっぱりかなり数が少ないんですよね。

 

2016年時点で整体院、整骨院、鍼灸院などは全国に約13万5千か所あります(厚生労働省の統計)。

 

これは2018年時点での全国のコンビニの店舗数約5万5千店舗の約2.5倍に相当します(日本フランチャイズチェーン協会調べ)。

 

更に必ずしも「○○整体」という名前ではありませんから「整体っぽくない整体」はこの中に完全に埋もれた状態です。

 

そして、整体っぽくない整体は日本全国に100か所もない(13万5千か所のうちの約0.0007%)です。

 

だから自力で探すのは大変なので僕があなたの代わりに「整体っぽくない整体」を選びます。

 

「整体っぽくない整体」は人生で1か所だけ見つかればそれでいいので、別に自力で探せるようになる必要は全くありません。

 

僕に相談に来てくれた人には僕がオススメする条件を満たしていて1番通いやすい場所にある「整体っぽくない整体」を紹介しています。

 

また、山奥や離島に住んでいて通える範囲に整体っぽくない整体がないという場合でも特別な対応がありますので安心してくださいね!

 

ちなみに、僕は3分くらい電話をするとそこの施術のレベルが分かるので選ぶのはそんなに大変ではありません。

 

また、整体っぽくない整体の施術は1回5000円〜7000円前後です。

 

ずっとリピートしなければならないものではなく、卒業があることを考えると決して大きな負担ではありませんよね?

 

その場しのぎにしかならない対症療法に生涯2,500万円注ぎ込むより、全然お得です。

あと、この記事では「整体っぽくない整体」が具体的にどんなアプローチをするのか?肝心な説明をしていませんでした。

 

それは後ほど「原因へのアプローチ」で詳しく説明しますので

 

どんどん先に進んでくださいね。

 

僕が20年間、健康になれなかったのは「努力不足」が理由ではなく今まで受けてきたアドバイスが間違っていて「工夫した行動」ができていなかったからでした。

 

3か月で健康になるために必要なのは、むやみに食事制限・生活改善・運動をしたり、ストレス発散したり心を強くしたりすることではありません。

 

あなたの症状を引き起こしている原因の量を把握してゼロにすることが大切です。

 

「自分にはどんな種類の原因が貯まっているのだろうか?」と心配してしまうかもしれませんが正直なところ、どんな種類の原因でも取り除き方は変わらないのでそれを気にする必要はありません。

 

あなたにやってほしいのは、次の3ステップの方法だけです。

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

次回はトラウマが内臓に貯まってじんましんや肩こりが出ていた人の話をします(実践まであと6記事)。

 

ここまで読んだら最下部のフォームから次に進んでくださいね

 

※感想への返信は約束できませんので
必ず返信が欲しい場合は
トーク画面でメッセージを送ってください

 

※※この記事を読んだ

ほとんどの方が

「近所の整体っぽくない整体を

探してほしい!」

とメッセージをくれます

 

気持ちは本当によく分かりますが

まずは「原因へのアプローチ」の

レポートまでたどり着いてくださいね

 

感想フォームへ