ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康コンサル
やっているゲンドーです
⇒プロフィール

 

今回は

自律神経失調症の症状として

 

・不眠

・両腕がだるい

 

で困っていた

ヒッキーさんのことを

記事としてまとめました

 

半年近く病院や整体に通ってもずっと不眠が続いていた

 

不眠だと睡眠の質が下がり

しっかり体を休めることが

できないので大変ですよね

 

ヒッキーさんの話だと

いわゆる3Kの仕事を

しているそうなので

 

なおさら

体をしっかり休めておきたいし

 

そもそも両腕がだるいなら

仕事になりませんよね

 

ヒッキーさんは

半年近く病院や整体を

転々としていたのですが

特に変化がなかったそうです

 

不眠になると睡眠薬を

もらう人が多いと思います

 

でも通常は睡眠薬がなくても

睡眠を取ることができるはずです

 

それに睡眠薬は

「両腕がだるい」

という症状にも対応してません

 

ヒッキーさんのように

「異常なし」と言われ

何も得られなかった人は

民間療法をずっと転々と

してしまうことが多いです

 

そして

自力ではラチが明かない

ということで

僕に相談してくれました

 

ハリーハリー

自力でできなくても

他の人に頼ればいいもんね!

ゲンドーゲンドー

そうそう!僕も苦手なことは

他の人にお願いするよ!

不眠の原因が仕事のストレス?

 

ヒッキーさんの不眠の原因は

仕事のストレスにありました

 

仕事のストレスが内臓に貯まっていて

不眠や両腕がだるいなどの

症状が出ていたようですね

 

だから、内臓に貯まった

仕事のストレスを取り除くことが大切ですね

 

というと

「仕事をやめる」

と考えてしまう人がいますが

そういうことではありません

 

それは

ストレスの発生源から離れただけ

すでに貯まった原因としての

ストレスを取り除いたことになりません

 

僕がヒッキーさんのために

メインでやったことは

「整体っぽくない整体」を紹介した

ということです

 

整体ではなく

「整体っぽくない整体」

であることがポイントです

 

そして、ヒッキーさんは

その「整体っぽくない整体」を

3か月で卒業することができました

 

ハリーハリー

ずっと通い続けなくても

いいんだね!

ゲンドーゲンドー

対症療法だと

リピートし続ける

必要があるから注意してね!

内臓にストレスが貯まっていても取り除くことが大切

 

ヒッキーさんの

不眠や両腕のだるさは

ストレスに限らず

体に原因が貯まって

起きる症状でした

 

体に貯まった原因を

取り除くには

体の機能を正常に近づけるため

 

質の高い睡眠をとって

回復する必要があります

 

ただ、不眠は

その肝心な睡眠を

取ることができない

というやっかいな症状なので

 

自力でなんとかしよう

と考えるのは賢明とは言えませんね

 

不眠

寝れないから回復できない

回復できないから余計に不眠

悪化して他の症状も増えていく

 

という負のスパイラルに

陥ってしまいます

 

ハリーハリー

寝れないと

元気になれないね

ゲンドーゲンドー

そう、しかも

原因の量も増えていって

体調もどんどん悪くなるんだ

特にヒッキーさんは

3Kの仕事をしている

ということだったので

なおさら不眠の原因を

取り除くべきです

 

ヒッキーさんの不眠や

両腕がだるいという症状は

 

内臓にストレスが貯まっていて

起きていました

 

「本当にそうなの?」

と思うかもしれませんが

 

一見、不眠や腕のだるさと

全く関係なさそうな

内臓に貯まったストレスという

原因に気づいたら

 

その原因を取り除くことが大切ですね

 

体に貯まって症状を

引き起こしているのは

次の「4種類の原因」です

 

・物質系原因(化学物質やウイルスなど)

・感情系原因(ストレスやトラウマなど)

・体質系原因

・遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

ヒッキーさんにも

次の3ステップのことを

やってもらいました

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

ヒッキーさんの症状の流れを

まとめます

 

仕事のストレスが内臓に貯まる

:「4種類の原因(本当の原因)」

内臓が歪む

:「内臓の歪み」

自律神経が乱れる

:「原因に見える症状」

×(異常なし)

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

不眠、両腕がだるい

:「自覚症状」

 

まとめ

 

不眠は、健康にとって不可欠な

睡眠がとれないという

やっかいな症状ですが

 

それでも、症状を引き起こしている

体に貯まった原因を取り除くことが

大切であることに変わりません

 

睡眠薬のように

症状に対してアプローチ

するのではなく

 

内臓に貯まってしまった

仕事のストレスの量を把握して

ゼロにすることが大切

という話でした

 

そのために・・・

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

メンタルヘルス測定の説明

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間

健康になれなかったのは

 

「努力不足」が理由ではなく

今まで受けてきたアドバイスが

間違っていて「工夫した行動」が

できていなかったからでした

 

楽して簡単に3か月で

健康になるためには

 

食事制限・生活改善・運動も

ストレス発散も

心を強くすることも必要ありません

 

あなたの症状を引き起こしている

原因の量を把握して

ゼロにすることが大切です

 

「自分にはどんな種類の原因が

貯まっているのだろうか?」

と心配してしまうかもしれませんが

 

正直なところ、どんな種類の原因でも

取り除き方は変わらないので

それを気にする必要はありません

 

整体っぽくない整体の説明

 

そして、その前に絶対にやるべきことは

メンタルヘルス測定です

 

メンタルヘルスが高くない人は

「貯まる量>>>減らす量」

になってしまい

 

原因の量をゼロにすることができない

ということが起きてしまうからです

 

だから、メンタルヘルスを測定して

アップすることで

「減らす量>>>貯まる量」

にしておくことが大切ですね

 

メンタルヘルス測定の説明

 

つまり、次の3ステップです

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!