ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

今回は休んでも休んでも、日常生活に支障が出るほどの疲れに悩まされ、しかも「異常なし」「原因不明」と言われてしまう慢性疲労症候群について解説していきます。

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

LINE限定情報があるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

読んでみてね!

慢性疲労症候群で

悩んでいた人達から

大好評のLINE限定情報!

LINE限定情報を読みに行く

 

今回は次の3つのポイントで説明していきます。

  • 慢性疲労症候群と自律神経失調症
  • 休んでも疲れがとれない本当の理由
  • 自律神経を乱しているものの正体

 

慢性疲労症候群と自律神経失調症

まず、慢性疲労症候群はちゃんと自覚症状があるのに「異常なし」「原因不明」と言われてしまうため「自律神経失調症」と言えます。

 

自律神経失調症というと「自律神経が乱れている」ということはなんとなく知られているのですが「自律神経にどんな役割があるのか?」「なぜ自律神経が乱れるのか?」といったことは知られていません。

 

簡単にいうと、自律神経とは「体の全てをコントロールする神経」と言えます。そして、体の全てとは内臓や血管などのことです。

 

つまり、自律神経が乱れていると内臓や血管などのコントロールがうまくいかなくなってしまいます。

 

すると、どうなるのか?

 

結論から言えば、休んでも休んでも疲れが取れません。

 

休んでも疲れが取れない本当の理由

どういうことか?

 

疲れが取れるために最も大切なのは「体の中がスムーズに循環している」ということです。あなたの体の中を循環させているものは2つあります。1つは誰もがよく知っている「血液」で、もう1つは「脳脊髄液(CSF)」です。

 

血液は心臓というポンプのおかげで血管でつながった内臓を通りながら、体を循環させています。そして同様に、あまり知られていませんがCSFも体を循環させています。

 

CSFのポンプは「脳」です。脳から送り出されたCSFが全身に回り、脳に戻ることを繰り返していきます。

 

血液とCSFが体の中をスムーズに循環させているのが本来の状態です。

 

しかし、自律神経が乱れていると内臓や血管のコントロールがうまくいかなくなるので、血液とCSFがうまく体の中をスムーズに循環させるということが難しくなります。

 

そして、それはどれだけ休んでも疲れが取れないということを意味します。

 

では、自律神経を乱している根っこにあるものの正体とは一体何なのでしょうか?

 

自律神経を乱しているものの正体

自律神経が乱れて自覚症状が出るまでの流れを説明します。

「4種類の原因」が貯まる

「本当の根っこの原因」

自律神経が乱れる

×(異常なし)

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

慢性疲労症候群、脳脊髄液減少症

:「自覚症状」

「自律神経失調症や慢性疲労症候群の原因は自律神経の乱れ」と言われがちですが実は自律神経の乱れは自律神経失調症の根っこの原因ではないことが分かります。

 

じゃあ、根っこの本当の原因は何か?というと「4種類の原因」です。この「4種類の原因」が貯まって体が不安定になっていることを「自律神経が乱れている」といいます。

 

そして、4種類の原因とは次の4つを指します。

  • 物質系原因(化学物質やウイルスなど)
  • 感情系原因(ストレスやトラウマなど)
  • 体質系原因
  • 遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

また、「4種類の原因」が貯まっているにもかかわらず「異常なし」「原因不明」と言われてしまうのは「異常」とは体の中の症状(原因に見える症状)であって、根っこの原因ではないからです。

 

自律神経失調症や慢性疲労症候群以外だと、体の中の症状(原因に見える症状)がしっかり出るため「異常あり」と言われます。逆に自律神経失調症だと体の中の症状(原因に見える症状)が出ることがほとんどないため「異常なし」と言われがちです。

 

ただ、原因に見える症状についてよく理解すると「異常あり」と言われた時の「異常」というのは根っこの原因ではないことが分かります。だから、「異常なし」「原因不明」と言われても心配する必要は全くありません。

 

原因に見える症状の説明

 

まとめ

どれだけ休んでも休んでも疲れが取れない慢性疲労症候群は自律神経失調症の1つです。

 

そして、自律神経が乱れることの最大の問題は「体の中がスムーズに循環しなくなる」ということです。そして、それはどれだけ休んでも疲れが取れないという状態を引き起こしてしまいます。

 

自律神経が乱れると内臓や血管のコントロールがうまくいかなくなるので、血液や脳脊髄液(CSF)が体の中をうまく循環させられなくなります。

 

なので、自律神経を乱している根っこの原因である「4種類の原因」にアプローチすることが大切です。

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

LINE限定情報があるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

読んでみてね!

慢性疲労症候群で

悩んでいた人達から

大好評のLINE限定情報!

LINE限定情報を読みに行く

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間、健康になれなかったのは「努力不足」が理由ではなく今まで受けてきたアドバイスが間違っていて「工夫した行動」ができていなかったからでした。

 

楽して簡単に3か月で健康になるために必要なのは、むやみに食事制限・生活改善・運動をしたり、ストレス発散したり心を強くしたりすることではありません。

 

あなたの症状を引き起こしている原因の量を把握してゼロにすることが大切です。

 

「自分にはどんな種類の原因が貯まっているのだろうか?」と心配してしまうかもしれませんが正直なところ、どんな種類の原因でも取り除き方は変わらないのでそれを気にする必要はありません。

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは、次の3ステップの方法だけなのですがその中でメインとなるのが「整体っぽくない整体」です。

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページで3ステップの方法を実践するために必須の知識を無料公開しています。

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

LINE限定情報をプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

慢性疲労症候群で

悩んでいた人達から

大好評のLINE限定情報!

LINE限定情報を読みに行く