ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

今回は

小腸や大腸が

「異常なし」「原因不明」なのに

いつも食後にお腹が痛くなったり

緊張のせいで、腹痛が起きたりする

過敏性腸症候群(IBS)について

解説していきます

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

IBSで悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

 

IBSにはどんな自覚症状があるかというと・・・

 

主に次の4つです

 

  • 腹痛
  • 下痢
  • ガスもれ
  • ガスだまり

 

で、IBSで困っている人にとって

辛いのはこれらの自覚症状そのもの

だけではありません

 

IBSのことを信じてもらえないことです

 

というのも、一般的な認識だと

「異常なし」なら健康で

「異常あり」なら不健康

です

 

そして、IBSの人は

「「異常なし」なのに不健康」

ということなので

 

「原因不明」「気のせいでしょ?」

「精神的な問題でしょ?」

と流されてしまいがちです

 

あと次のツイートのように

「よく分かんないから

そういうふうに言っておくか」

という風潮が強くあります

そして、どれだけ調べても

「異常なし」なのですが

自覚症状があって困ってるので

「なんとかしてほしい!」

と訴え続けていると・・・

 

こちらのツイートをした人のように

クレーマーとして扱われてしまいます

※FDとは、IBSに似た自律神経失調症で

腸関連の自覚症状が出るのがIBSで

胃関連の自覚症状が出るのがFDです

 

そんなIBSですが

実はかなりたくさんの人が困っています

 

僕が調べたデータだと

日本全国で約15%の人がIBSで困っています

データによっては20%

つまり、日本人の5人に1人がIBS

というものもあります

 

IBSの原因と言われることとして

有名なのは次の3つです

 

  • 自律神経の乱れ
  • 食事(FODMAP)
  • ストレス(緊張)

 

今回は3つのポイントで

解説しますね

 

IBSと自律神経

そもそも

「異常なし」と言われたのに

自覚症状が出ていることは

全て「自律神経失調症」と言います

 

自律神経失調症というと

めまいや片頭痛など

脳に症状が出るイメージがありますが

 

そもそも自律神経は

内臓を動かすための神経です

 

自律神経の乱れで

「異常なし」だけど

小腸や大腸に関連した症状が

出てしまっているのがIBSです

 

だから

IBSは「お腹に症状が出ている

自律神経失調症」と言えますね

 

だから、こんなツイートをしました

で、なぜそもそも

自律神経が乱れるか

 

その流れを説明します

 

「4種類の原因」が貯まる

「本当の原因」

自律神経が乱れる

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

×(異常なし)

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

食後やストレスによる腹痛

普段から腸の調子が悪い

:「自覚症状」

 

IBSの原因は

自律神経の乱れと

言われがちなのですが

 

実は自律神経の乱れは

IBSの根っこの原因ではありません

 

じゃあ、根っこの

本当の原因は何か?

というと・・・

 

「4種類の原因」です

 

この「4種類の原因」が貯まって

体が不安定になっていることを

「自律神経の乱れ」といいます

 

  • 物質系原因(化学物質やウイルスなど)
  • 感情系原因(ストレスやトラウマなど)
  • 体質系原因
  • 遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

で、この「4種類の原因」が

どんどん貯まっていき

ある一定のラインを超えてしまうと

どうなるかが次のツイートにあります

また、「4種類の原因」が

貯まっているにもかかわらず

「異常なし」と言われてしまうのは

 

「異常」というのは

原因に見える症状(体の中の症状)

であって、根っこの原因

ではないからです

 

原因に見える症状の説明

 

そして、この話を踏まえると

食事をとることも

ストレスを感じることも

「IBSの原因ではない」

と言えます

ハリーハリー

ストレスって

IBSの原因じゃないの?

ゲンドーゲンドー

これからその理由を
説明していくね!

「ストレスを感じること」と

「ストレスが貯まること」は

同じように使われますが

 

実は全く別問題です!

 

なので、あなたが

すごくIBSで困ってるなら

この記事を通して

この大切な違いを理解してくださいね!

 

IBSと食事(FODMAP)

IBSでとても困ってる人が

オススメされがちなこととして

「低FODMAP食」があります

 

FODMAPというのは

簡単に言えば

 

「消化に悪くて腸に残りやすいから

発酵してガスの発生源になるもの」

 

ということです

 

で、なぜIBSの人が

「低FODMAP食にしよう!」

と言われるのか?

 

それは先ほどの「4種類の原因」が

体に貯まっている状態に

 

FODMAPが腸に入ってしまうと

自覚症状が起きたりひどくなったり

するからです

 

「4種類の原因」が貯まった状態の体に

加わると症状を悪化させるものを

「きっかけ」と言います

 

例えば、昔の僕だと

化学物質などが4種類の原因で

 

アレルギー物質というきっかけで

喘息の発作が出たり鼻炎がひどくなったり

ということが起きました

 

他には「低気圧」というきっかけで

頭痛がしたり体調が悪くなったりしました

 

IBSの場合でも同じように

考えることができます

 

つまり、「FODMAP」は

原因ではなくきっかけ

と言えます

 

そうすると

「低FODMAP食で

きっかけを避けられるなら

いいことじゃないか!」

という話になりがちです

ハリーハリー

低FODMAP食にしたら
いいんじゃないの?

ゲンドーゲンドー

そんな単純な問題
じゃないんだよね・・・

 

ただ、低FODMAP食でも

FODMAPは含まれるため

自覚症状が起きる時は起きますし

 

食事(FODMAP)に

気をつけることは

根本的な解決につながりません

 

なぜなら、気をつけても

自律神経の乱れを起こしている

根っこの原因には

アプローチできないからです

 

だから、僕は

このページに

低FODMAP食の一覧を

載せることはありません

 

そして、次に説明する

ストレス(緊張)も

原因ではなくきっかけなのですが

 

補足の説明が必要なので

最後まで読んでくださいね!

 

IBSとストレス(緊張)

4種類の原因が貯まって

自律神経の乱れがある状態に

 

ストレス(緊張)が加わると

自律神経の乱れが更にひどくなり

 

自覚症状が出たり

自覚症状がひどくなったりします

 

ここまではFODMAP(食事)と

同じように説明できます

 

補足の説明の

必要があることとしては・・・

 

ストレスはきっかけの場合もあれば

4種類の原因として

体に貯まっている場合もある

ということです

 

そして、ストレスが

きっかけなのか?

4種類の原因なのか?

気になると思いますので

違いを説明します

 

それは

「コントロールできるかどうか」

です

 

そのストレスが「きっかけ」なら

自力でコントロールできます

 

しかし、そのストレスが

「4種類の原因」である場合

自力でコントロールすることは

できません

 

もっと、具体的に言うと

きっかけは「原因の発生源」

4種類の原因は「原因そのもの」

ということです

 

「原因の発生源」というのは

例えば、満員電車や

人間関係の悩みなどです

 

これらは発生源なので離れたり

減らしたりすることができます

 

ただ、すでに

体の中に「4種類の原因」として

貯まっている場合は

そうはいきません

 

つまり

自力でコントロールできるのは

「4種類の原因」としての

ストレスではなく

きっかけとしてのストレスだけなので

覚えておいてくださいね

 

ハリーハリー

発生源は減らせても

体に貯まったストレスの

コントロールは難しいね

ゲンドーゲンドー

うん、ストレスの量を

自力で把握するのは

難しいんだ

あと

「IBSの4種類の原因が何か?」

ということは決まってません

 

人によって違います

 

ストレスが貯まっているのか?

鉛などの重金属が貯まっているのか?

化学物質が貯まっているのか?

 

ということは自覚症状の出方と

同じように個人差があるので

一概に言えません

 

また、原因は1種類だけでなく

複数種類貯まってる場合が

とても多いです

 

で、食事や生活習慣に気をつけても

きっかけを減らすことはできても

4種類の原因の量が減ることはないです

 

4種類の原因の説明

 

だから僕はサイトタイトルに

「食事制限・生活改善・運動は必要なし」

と書いています

 

また、食事に気をつけたり

ストレスをコントロールしたり

するということは

「対症療法」といいます

 

そして、4種類の原因の量は

「対症療法」を続ける限り

どんどん増えていってしまいます

 

そうすると

他の自覚症状が増えてしまう

可能性が高くなります

 

ハリーハリー

原因の量が増えると

症状の数も増えちゃうの?

ゲンドーゲンドー

必ず、とは言わないけど

そういう傾向があるよ!

 

まとめ

 

自律神経失調症で

小腸や大腸に症状が出ているのが

IBSということでした

 

あとは

自力で気をつけることができる

食事やストレスなどは

原因ではなくきっかけです

 

きっかけを減らすのは難しいし

原因の量を減らせてないので

終わりがなくて大変です

 

「ストレスがない生活をしろ!」

って言われても

「ムリだよ、そんなの!!!」

って感じですよね?

 

だから、4種類の原因の方に

アプローチすることが大切ですね

 

それが漢方とかヨガとかツボとか

食事制限とか手近な方法

出来ると良いのですが

 

僕はそれは不可能だと考えています

 

昔の僕はそれを望んでいたから

健康になることができませんでした

 

仮に対症療法を紹介しても

何も変わらない

再発するまでぬか喜びする

どちらかにしかなりませんし

 

根本的な解決をしてない以上は

前触れもなく訪れるお腹の不調に

ずっとビクビクしながら

暮らさないといけません

なので、IBSで困っている人に

対症療法のアドバイスをすることは

絶対にありません

 

その代わりに・・・

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

IBSで悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間

健康になれなかったのは

 

「努力不足」が理由ではなく

今まで受けてきたアドバイスが

間違っていて「工夫した行動」が

できていなかったからでした

 

楽して簡単に3か月で

健康になるためには

 

食事制限・生活改善・運動も

ストレス発散も

心を強くすることも必要ありません

 

あなたの症状を引き起こしている

原因の量を把握して

ゼロにすることが大切です

 

「自分にはどんな種類の原因が

貯まっているのだろうか?」

と心配してしまうかもしれませんが

 

正直なところ、どんな種類の原因でも

取り除き方は変わらないので

それを気にする必要はありません

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは

次の3ステップなのですが

その中でメインとなるのが

「整体っぽくない整体」です

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページの無料レポートで

「整体っぽくない整体」の原理を

簡単に説明しています

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

無料レポートをプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

IBSで悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く