ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

アトピー起立性調節障害

実は深い関わりがあるのではないか?

と言われることに

「副腎疲労」があります

 

 

ハリーハリー

副腎と腎臓は違うの?

ゲンドーゲンドー

位置は近いけど

それぞれ全く違う

役割があるよ!

副腎疲労は

慢性疲労症候群線維筋痛症

そして低気圧頭痛などとの

関係も注目されていますね

 

今回は副腎疲労

焦点を当てて解説します

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

無料レポートを読みに行く

 

あなたが

他の原因不明の症状で困ってる場合でも

やるべきことは変わらなくて

役に立つのでぜひ読んでくださいね

 

ポイントは次の3つです

 

副腎疲労と自律神経失調症

 

副腎疲労の症状や対策を

調べていると

 

なんだか

「自律神経失調症」

書かれていることが似てるな

と感じます

 

ゲンドーゲンドー

副腎疲労と自律神経失調症

かなり似てる?

 

実は副腎疲労は

「自律神経の乱れ」の

別の言い方なんです

 

そもそも自律神経は

自分の意思と関係なく働く

内臓のための神経です

 

だから自律神経が乱れると

内臓の働きもおかしくなります

 

で、特に副腎に注目していた場合が

「副腎疲労」というわけですね

 

 

 

そもそも副腎は

コルチゾールという

ストレスに対応するための

ホルモンを出します

 

でも、ストレスが多すぎると

副腎がコルチゾールを出しまくって

疲れてしまうと言われてます

 

ハリーハリー

内臓だってたくさん働いたら

その分、疲れちゃうね

ゲンドーゲンドー

その対策としてどんなことが

一般的なのかな?

副腎疲労と食事

 

「自律神経の乱れを整える」

と言われることと同じように

 

副腎疲労にも

「こういう食事がいいよ!」

と言われることがあります

 

どんな食事かというと

大きく分けて次の2種類あります

 

・タンパク質が多い

・解毒作用がある

 

しかし、これを真に受けて

「タンパク質もっと取らなきゃ!」

「解毒しなきゃ!」

と思わないでくださいね!

 

なぜなら、あなたの症状は

何かが不足して、ではなく

何かが余計で起きているからです

 

一見、不足している

と見える結果が出ているとしても

 

根っこに注目すると・・・

 

その余計なもののせいで

内臓がうまく機能していなくて

栄養を使いこなせていないだけだ

と分かります

 

この余計なものを

「4種類の原因」と呼んでいます

 

4種類の原因の説明

 

今の世の中

「もっと食べよう!」

「もっとサプリ使おう!」

と思わせる情報が多いので

注意してくださいね!

 

なぜタンパク質が多いといい

と言われているのか?

 

それは、ホルモンの材料が

タンパク質だから

コルチゾールを作るのに役立つ

と言われているからですね

 

でも、よくよく考えてみると

おかしいんですよね

 

内臓じゃなくていいので

自分で考えてみると

よく分かります

 

例えば、働きすぎて

疲労しきっている時に

 

仕事をするための材料を

たくさん送られて嬉しいですか?

 

ホルモンを作り過ぎて

疲れるのに更に作らせてどうするんだ?

ということですね

 

ハリーハリー

仕事が多すぎて疲れちゃった

ゲンドーゲンドー

それなのに

仕事の材料を追加されても

困っちゃうよね…

また、解毒作用があるものに

ついても同じことが言えます

 

香味野菜とかって解毒作用がある

と言われるのですが

 

これは別に香味野菜が

勝手に体の中で動いて

解毒してくれるわけではありません

 

香味野菜という材料を使って

内臓が解毒をします

 

解毒の内臓というと

肝臓が思い浮かぶと思うのですが

 

副腎が疲れている人が

肝臓は疲れてなくて元気いっぱい

っていうことは考えにくいです

 

つまり、これも

疲れてる内臓に材料を増やして

更に働かせる考え方ですね

 

ハリーハリー

仕事の材料不足のせいで

疲れるわけじゃないもんね!

ゲンドーゲンドー

そうそう!

そんなに働かなくてもいい

方向に持っていくことが

大切なんだ!

 

 

 

あとは

「腸内環境の改善や重金属のデトックス

脳機能の改善をやるといいよ」

 

って書いてあるのですが

これは食事で根本的な解決に

なることはありませんね

 

これらの問題は

体の中で起きている症状

つまり「原因に見える症状」なので

 

症状に対してなんとかしよう

ということは対症療法です

 

原因に見える症状の説明

 

今までに

相談に来てくれた人の中にも

「健康にすごく

気をつけていたんだけど・・・」

という人がいるのですが

 

やっぱりそういう人にも

鉛などの重金属が

貯まってしまっていることが

ありましたね

 

これが僕がいつも

「食事制限が必要なし」

と言っている理由ですね

 

ハリーハリー

腸内環境のために

食事に気をつけても意味ないの?

ゲンドーゲンドー

腸内環境が悪いっていう

体の中の症状の原因の量は

食事に気をつけても

減らないからね

副腎疲労は数値で把握できる?

 

副腎疲労を確認できる

と言われる検査は

唾液検査と特殊な血液検査の

2種類あります

 

お手軽にできる

唾液検査をしてる人が多いみたいですね

 

これらの検査では

コルチゾールの量を数値で把握して

副腎疲労かどうかを確かめるのですが

 

次の2つの問題があります

 

・数値の異常が副腎の疲労とは限らない

・副腎疲労の根っこを確かめていない

 

副腎は確かに

コルチゾールを出すのですが

 

副腎だけで作っているわけではありません

 

それが分かりやすい

ツイートの画像があります

 

 

「視床下部」や「脳下垂体」とは

脳のある部位の名前です

 

この画像は簡単に言えば

視床下部が働き、脳下垂体が働き

ようやく副腎(皮質)が働いて

コルチゾールが出るということです

 

これはつまり

副腎に異常がなくても

視床下部や脳下垂体に異常があれば

数値に異常が出るということですね

 

また、もっと考えると

どこに根っこがあるかなんて

この検査で分かるわけがない

と言えます

 

体は視床下部や脳下垂体だけで

できているわけじゃなくて

 

もちろん他の内臓とも

支え合って働いています

 

だから、視床下部と関係が近い部位

脳下垂体と関係が近い内臓に

異常がある場合だと

全然根っこが追えないですね

 

ハリーハリー

副腎の数値が異常だからって

副腎に異常があるわけじゃないんだね

ゲンドーゲンドー

うん!数値の異常も

体の中で起きてる症状だから

根っこの原因とは

言えないんだ!

最後に副腎疲労の流れをまとめます

 

4種類の原因が貯まる

:「本当の原因」

自律神経が乱れる

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

(副腎疲労)

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

数値で把握するコルチゾールの異常

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

アトピーや起立性調節障害

:「自覚症状」

 

副腎疲労に()を付けましたが

これは副腎疲労でもそうでなくても

どっちでもいいという意味です

 

どういうことか?

 

大事なのは根っこの

「4種類の原因」が

貯まっていることです

 

スタートは

4種類の原因が貯まっていることで

ゴールは

アトピーや起立性調節障害など

様々な症状が出ていることですが

 

どんなルートを通って

つまり途中で

どんな「原因に見える症状」が

出てくるかは完全に個人差です

 

副腎疲労も

「原因に見える症状」に

過ぎないので

 

そこにとらわれて・・・

 

食事に気をつけたり

サプリを使ったり

腸内環境の改善をしたり

デトックスをしたり

 

対症療法をするのではなく

4種類の原因の量を把握して

ゼロにすることが大切ですね

 

4種類の原因の説明

 

ハリーハリー

副腎疲労でも

他の症状でもやることは

いっしょなんだね

ゲンドーゲンドー

そう!どんな症状でも

根っこは4種類の原因だからね!

まとめ

 

副腎疲労は自律神経の乱れの

別の言い方で

結局は自律神経失調症ということです

 

だからアトピー起立性調節障害

広い意味での自律神経失調症ですね

 

 

食事にこだわっても

根本的な解決な解決にならないし

 

コルチゾールの異常を

数値で把握しても

根っこの部分は把握できない

 

という話でした

 

というわけで・・・

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間

健康になれなかったのは

 

「努力不足」が理由ではなく

今まで受けてきたアドバイスが

間違っていて「工夫した行動」が

できていなかったからでした

 

楽して簡単に3か月で

健康になるためには

 

食事制限・生活改善・運動も

ストレス発散も

心を強くすることも必要ありません

 

あなたの症状を引き起こしている

原因の量を把握して

ゼロにすることが大切です

 

「自分にはどんな種類の原因が

貯まっているのだろうか?」

と心配してしまうかもしれませんが

 

正直なところ、どんな種類の原因でも

取り除き方は変わらないので

それを気にする必要はありません

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは

次の3ステップなのですが

その中でメインとなるのが

「整体っぽくない整体」です

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページの無料レポートで

「整体っぽくない整体」の原理を

簡単に説明しています

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

無料レポートをプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

無料レポートを読みに行く