ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

今回は

自律神経失調症の症状として

 

・動悸

・慢性的な首の痛み

・慢性的な腰の痛み

・息苦しい

・胸がしめつけられる感覚

 

で困っていた

看護師として働く

島袋さんが

相談に来てくれた時の話を

記事としてまとめました

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

 

無料レポートを読みに行く

 

あなたが

自律神経失調症の他の症状の場合でも

やるべきことは変わらなくて

役に立つのでぜひ読んでくださいね

 

「仕事が激務で残業続きでつらい」

「人手不足で身がもたない」

ということにずっと耐えてきて

 

動悸を始めとした

たくさんの症状が出てきてしまった

そうです

 

この記事のポイントは

・症状がたくさんでも根っこは同じ

仕事を辞めても動悸は解決しない

・健康のために関係ないことはやめる

ということです

 

動悸で苦しんでいた島袋さんからの感想

 

島袋さんに手書きの感想を

いただきました!

 

とても嬉しかったので

載せておきますね

 

島袋さん 沖縄県 男性

私は看護師をしてるのですが、

長期のスタッフ不足による

激務、残業、休日出勤などが続いており、

その疲労とストレスによって

慢性的な首や腰の痛みや、胸の絞扼感、

動悸などの症状がでてきていました。

これ以上この状況を続けていると、

取り返しのつかないことに

なるのではないかと危惧していた時に、

SNSを通して元道さんを知りました。

藁をも掴む思いで、

ゲンドーさんへ相談したところ、

個別的にレポートを作成してくれ、

さらにその後の通う所までの

サポートまでしていただきました。

ゲンドーさんへたどり着いたことへの御縁に

大変感謝しています!

今後ともよろしくお願いします!

動悸が悩みの島袋さんからの感想

 

島袋さん

熱い感想ありがとうございます!

 

ゲンドーゲンドー

島袋さん、ありがとう!

ハリーハリー

ありがとね!

仕事を辞めても動悸が解決しない理由

 

この感想を読むと、誰もが

「仕事のストレスが原因で

体がおかしくなったんだ!」

「仕事をとにかく辞めるしかない」

ということを思いますよね?

 

でも、それでは島袋さんの

動悸は解決に至りません

 

その理由は2つあります

 

1つはストレス以外にも原因

貯まっていたから

 

もう1つは仕事をやめて

ストレスの発生源から離れても

体に貯まったストレスはそのままだから

 

です

 

ストレス以外にも

原因が貯まっていたのは

当然と言えば当然ですね

 

あなたは島袋さんの状況から

「原因はストレスでしょ!」

と考えたはずですが

 

1種類の原因だけが貯まっていて

症状が出ているという人は

なかなかいません

 

複数の原因が

貯まっている人がほとんどです

 

体に貯まって症状を

引き起こしているのは

次の「4種類の原因」です

 

・物質系原因(化学物質やウイルスなど)

・感情系原因(ストレスやトラウマなど)

・体質系原因

・遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

ストレスと化学物質の場合もあれば

ストレスと化学物質とウイルス

という場合もあります

 

他のパターンもありますが

島袋さんの場合は

貯まっている原因の種類が多すぎて

これ!というものがありませんでした

 

だから

「仕事のストレスが原因だ!」

と思って、ストレスだけに

アプローチしても解決になりません

 

ゲンドーゲンドー

仕事のストレスだけが原因!

と思っている人って

かなり多いんだ…

ハリーハリー

何十年も生きてたら

いろんな種類の原因が

貯まっちゃうよね

もう1つの理由の仕事をやめて

ストレスの発生源を取り除いても

体に貯まったストレスはそのままだから

 

というのは

 

「ストレスで体がおかしくなったから

仕事を辞めれば貯まったストレスが消える!」

と思ってしまいがちだということです

 

仕事を辞めて消えるのは

体に貯まったストレスではなく

ストレスの発生源だけです

 

だから、仕事を辞めても

体調がなかなか戻りません

 

あと、注意してほしいことは

仕事を辞めて半年とか1年で

症状が出なくなると

「ストレスが全部消えた!」

と思ってしまうことです

 

症状が出ていると原因の量が100で

症状が出ていないと原因の量が0

と考えたくなりますが

 

実際には、原因の量が70や80でも

症状が出るボーダーラインを下回ることで

その症状が出なくなることがあります

 

しかし、原因はまだたくさん残ったままなので

他の症状を引き起こしたり

またストレスが貯まって

同じ症状に困ることになったりします

 

ハリーハリー

仕事を辞めても

体の中のストレスは消えない

ってこと?

ゲンドーゲンドー

蛇口の水をとめても

バケツの中の水はそのまま

なのと同じだよ

僕も昔、喘息の発作が

出なくなった時期があって

それを「喘息が解決した」

と勘違いしていたのですが

 

それは実は

原因がたくさん貯まっていて

肺と肝臓の状態が

メチャクチャ悪かったけど

子どもの時より体力がついて

症状が出なくなっただけでした

 

よって、喘息の代わりに

猫背や自律神経失調症

困らされることになりました

 

仕事を辞めることと

原因を取り除くことは

等しい行為ではありません

 

仕事を辞めずに

原因を取り除くか

 

仕事を辞めて

原因を取り除くかは

本人の自由です

 

島袋さんは

仕事を続ける選択をして

 

その上で

次の3ステップのことを

やってもらいました

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

その中でメインとなるのが

「整体っぽくない整体」ですね

 

整体っぽくない整体の説明

 

島袋さんの症状の流れをまとめます

 

化学物質やウイルスなどが内臓に貯まる

:「4種類の原因(本当の原因)」

内臓が歪む

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

自律神経が乱れる

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

×(異常なし)

:「体の中で起きる症状」

(「原因に見える症状」)

動悸や首・腰の痛み

:「自覚症状」

 

健康と関係ないことをやめてお金の節約

 

結局、島袋さんは

仕事を辞めていないのですが

 

お金と時間の節約のために

あることをやめてもらいました

 

今まで相談に乗った人の中でも

島袋さんは随一の「健康オタク」でした

 

だから、いろいろな種類の

サプリメントや健康グッズを

使っていました

 

もし、これらが

動悸に効果があるなら良いのですが

 

そうではないから

僕に相談に来ている

ということなので

 

島袋さんには

サプリメントや健康グッズを

全てやめてもらいました

 

島袋さんがやるべきことは

体に貯まった原因を

取り除くことなのに

 

サプリメントや健康グッズは

逆に原因の量を増やしてしまうからです

 

本人は体に良いことに

お金を使っているつもりでも

 

実は効果がないことや体に悪いことに

お金を使っていたということは

多々あります

 

それは健康に興味を持っている

大概の人がやってしまうことなので

全然恥ずかしいことではありません

 

あなたが自分の健康に

興味を持つことは

大変素晴らしいことなので

 

これから正しい方向性で

お金や時間を使えるようになれば

良いだけの話です

 

ハリーハリー

効果がないことに

お金たくさん使っちゃったよ…

ゲンドーゲンドー

でも、これから

使わないようにすれば

いいからね!

そして

サプリメントや健康グッズを

やめたことで

 

一体いくらぐらいの

節約になったと思いますか?

 

1か月で14375円

1年なら172500円

節約になりました

 

「1年で17万円」というと

結構大きな金額ですよね?

 

僕はあれもこれも手を出して

ではなく最小限の方が賢明と考えます

 

健康とは関係ないことはやめてもらい

お金や時間の節約をしてもらっています

 

まとめ

 

状況的に考えて明らかに

「ストレスが原因だ!」

と思っても

 

その原因は

あなたの症状を引き起こしている

様々な原因のうちの1つに過ぎない

ということは多いです

 

また、原因を取り除いているつもりでも

原因の発生源から離れているだけ

ということもかなり多いです

 

あとは、健康に関係ないことを

やめることで、お金や時間の

節約になるということですね

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間

健康になれなかったのは

 

「努力不足」が理由ではなく

今まで受けてきたアドバイスが

間違っていて「工夫した行動」が

できていなかったからでした

 

楽して簡単に3か月で

健康になるためには

 

食事制限・生活改善・運動も

ストレス発散も

心を強くすることも必要ありません

 

あなたの症状を引き起こしている

原因の量を把握して

ゼロにすることが大切です

 

「自分にはどんな種類の原因が

貯まっているのだろうか?」

と心配してしまうかもしれませんが

 

正直なところ、どんな種類の原因でも

取り除き方は変わらないので

それを気にする必要はありません

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは

次の3ステップなのですが

その中でメインとなるのが

「整体っぽくない整体」です

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページの無料レポートで

「整体っぽくない整体」の原理を

簡単に説明しています

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

無料レポートをプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

無料レポートを読みに行く