ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

今回は

FD(機能性ディスペプシア)の話です

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

無料レポートを読みに行く

 

あなたが

他の原因不明の症状で困ってる場合でも

やるべきことは変わらなくて

役に立つのでぜひ読んでくださいね

 

IBSが小腸や大腸で問題があるのに対し

FDは胃や十二指腸で問題がある

と言われています

 

※ちなみに、構造は

胃→十二指腸→小腸→大腸

の順番です

 

こんなにお腹が気持ち悪いのに・・・

 

胃カメラをしても

きれいな状態で異常は見つからないし

なかなか合う薬もないし

 

「一体どうしたらいいんだ!!!」

 

と思ってしまいますよね?

 

ハリーハリー

どうしたらいいの?

ゲンドーゲンドー

それをこれから

説明していくね!

そのあたりの話を

3つのポイントで説明していきます

 

FDは原因不明というよりも・・・

 

あなたに何を差し置いても

伝えたいことがあります

 

それは

「FDは原因不明」と考えるのをやめて

「FDは体の中に症状が出てないだけ」

と考えてほしい、ということです

 

どういうことか?

 

FDは胃にポリープや炎症が

見つからないのに

胃の痛みや不快感を

感じることなのですが

 

ポリープや炎症は

別に根本的な原因じゃないです

 

なぜなら

「どうしてポリープができたの?」

「なぜ炎症してるの?」

ということを考えられるからです

 

例えば、ちょっと気持ち悪いですが

ポリープというものが

体の外から体の中に入ってきて

胃の内側に張り付いて

お腹が痛くなるということがあるなら

 

これらを原因と言って良いのですが

そんなことは起きません

 

また、何の前触れもなく

自然に胃に炎症が起きる

ということもないです

 

必ずその理由があります

 

なので、ちゃんと

原因ではなく

「体の中の症状」

と考えてください

 

つまり、胃カメラなどの

画像上の異常を出発点と考えず

通過点と考えてほしいです

 

最初からこうやって

考えるのが難しいのは

「原因」という言葉の

守備範囲が広すぎて

 

何でもかんでも

「原因」と言えてしまうからですね

 

ハリーハリー

「きっかけ」も「理由」も

全部原因って言っちゃうよね

ゲンドーゲンドー

そう!でもそのせいで

原因にアプローチできない

人がとっても多いんだ…

で、FDの場合は

その通過点としての

体の中の症状が出ていないだけです

 

では、FDの出発点は何か?

 

という話になりますよね???

 

FDと自律神経(心の問題?)

 

画像や血液を確認しても

異常なしと言われると

 

「自律神経の乱れが原因」

と言われます

 

確かに、これは関係あります

 

なぜなら、自律神経は

自分の意思でコントロールできない

内臓の働きもコントロールするからです

 

なので、もちろん

胃のコントロールも

行ないます

 

しかし、自律神経の乱れも

出発点、つまり症状の根っこでは

ありません

 

なぜなら、自律神経の乱れも

「体の中の症状」だからです

 

で、ここまで引っ張ってきて

 

「結局、自律神経の乱れの原因は

生活習慣の乱れなんでしょ?」

 

と思うかもしれませんが

 

それも違います

 

ここから話すことが1番大切なので

今日は他のことは全て忘れて

これだけ覚えてから寝てください

 

自律神経の乱れは

4種類の原因が体に貯まって

起こります

 

4種類の原因のことは

体をバケツとすると

そこに貯まる砂や水のようなもの

とイメージしてほしいです

 

そして、最大のポイントは

どの種類でも

取り除き方は同じ

ということです

 

これを言う理由は

 

「ストレスなら趣味や読書で

ストレス発散すればいいんでしょ?」

「化学物質なら食事に

気をつければいいんでしょ?」

という風に

 

自分の体にどんな原因が

貯まっているか分からない段階で

 

本当に体に貯まった原因を

減らせるかどうか怪しい方法に

時間やお金を使ってしまうからです

 

ハリーハリー

ストレス発散とか

食事に気を付けることは

違うってこと?

ゲンドーゲンドー

うん、それだと

体の中の原因の量は

減っていかないからね!

体に貯まった4種類の原因の量を

把握してゼロにする方法は1種類しかない

と考えてくださいね!

 

4種類の原因の説明

 

FDと薬

 

原因を減らす、取り除く

という話をすると

 

薬や漢方をイメージしてしまいがちです

 

あなたは今使っている薬が

自分に合わないだけで

 

もし、合う薬があれば

FDを引き起こしている原因を

解消してくれる、と思ってませんか?

 

実は、薬や漢方って

「”症状”を抑えているうちに

きっと免疫がなんとかしてくれる」

と期待するものでしかありません

 

ハリーハリー

薬で根本的に解決しないの?

ゲンドーゲンドー

実はそうなんだ…

で、この場合の「”症状”」には

「自覚症状」と「体の中の症状」の

2パターン当てはまります

 

自覚症状の場合だと

痛み止めなどが有名で

とてもイメージしやすいのですが

 

体の中の症状の場合だと

ちょっと難しくなりますが

 

あなたは

ポリープや炎症が

原因ではなく体の中の症状

だと分かっているので

 

他の人よりも

かなり理解しやすい状態にあります

 

薬の役割を考えるためには

まず、症状が出るまでの流れを

簡単に知っておく必要があります

 

これは、リレーをイメージすると

しっくりきます

 

体の中に4種類の原因が貯まると

あなたの体の司令塔が

「症状を出すぞ!」と指令を出します

 

で、その指令を

リレーのバトンのように

どんどん細胞同士がパスしていきます

 

そして、バトンが最後まで回ると

自覚症状が出ます

 

で、薬の役割は?というと・・・

 

バトンが最後まで回る前に

途中の細胞がバトンを

受け取れないようにします

 

どうやるのかと言うと・・・

 

細胞がバトンを受け取る

手にあたる部分を

「受容体(レセプター)」

というのですが

 

そこに、バトンの代わりに

入り込んでしまうだけです

 

こうすると

「症状を出すぞ!」

という指令は最後まで届かずに

症状は出なくなります

 

これが「薬が効いた!」

というパターンで

 

「薬が効かないぞ!合わないぞ!」

というパターンは

 

薬が症状の流れに

割り込めていないだけです

 

これは同じ症状でも

どんな流れで症状が出るかは

個人差があるからですね

 

ただ、どっちにしても

根本的な解決をしていません

 

また、薬は人工的な化学物質だけど

漢方は自然由来の物質

という違いしかなくて

 

薬も漢方も同じ役割をしています

 

なので、薬も漢方も

自覚症状もしくは体の中の症状に

アプローチする「対症療法」

ということになります

 

ゲンドーゲンドー

どの薬も根本的な解決に

すごく見えちゃうけど

実は全て対症療法なんだよね

ハリーハリー

薬はみんな使ってるのに

本当にそうなの?

この話は僕が勝手に考えたんじゃなくて

 

例えば

「薬 仕組み」でググると

検索結果1番目のサイトに

書いてあることです

 

まとめ

 

FDは・・・

 

原因不明というよりも

体の中の症状が出てないだけで

 

自律神経の乱れは関係あるんだけど

それは4種類の原因が貯まって起きていて

 

薬や漢方は症状の流れに

割り込んで症状を抑えているだけで

根本的な解決をしてない

 

という話でした

 

FDの流れは次の通りです

 

体に4種類の原因が貯まる

自律神経が乱れる

×(画像や血液から

体の中の症状が確認できない)

胃もたれ・胃痛

 

なので

体に貯まった4種類の原因の量を

把握してゼロにすることが大切です

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間

健康になれなかったのは

 

「努力不足」が理由ではなく

今まで受けてきたアドバイスが

間違っていて「工夫した行動」が

できていなかったからでした

 

楽して簡単に3か月で

健康になるためには

 

食事制限・生活改善・運動も

ストレス発散も

心を強くすることも必要ありません

 

あなたの症状を引き起こしている

原因の量を把握して

ゼロにすることが大切です

 

「自分にはどんな種類の原因が

貯まっているのだろうか?」

と心配してしまうかもしれませんが

 

正直なところ、どんな種類の原因でも

取り除き方は変わらないので

それを気にする必要はありません

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは

次の3ステップなのですが

その中でメインとなるのが

「整体っぽくない整体」です

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページの無料レポートで

「整体っぽくない整体」の原理を

簡単に説明しています

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

無料レポートをプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

無料レポートを読みに行く