元道(ゲンドウ)元道(ゲンドウ)

はじめまして!

健康コンサルタントの

元道(ゲンドウ)です

僕が健康ブログを書いているのは

健康にコンプレックスがあったからです

 

低体重児として生まれ

保育器で1か月過ごさないといけないほど

僕は虚弱体質でした

 

喘息持ちで発作がひどいと

すぐに入院してしまうほど

体が弱かったです

 

小学生の時は

学校に3分の1くらいしか

通えませんでした

 

何度も襲われた喘息の発作も

鼻炎のせいで鼻水ダラダラで

何も手につかないことも

猫背で周りから

バカにされていたことは

確かに辛かったのですが

 

1番辛くて本当に嫌だったのは

「不健康なのは自分が悪い」

と言われ続けてきたことです

 

具合が悪くなると

「体調管理がなっていない」

「学校を休みたいから

調子が悪くなるんじゃないのか?」

とか

 

退院した時は

「自分が悪いんだから

入院費は大人になったら返しなよ」

とか

 

嫌なことを言われるたびに

「不健康なのは自分が悪いんだ…」

と落ち込んでいました

 

僕だって自分なりに

健康に気を使っていて

 

頑張って水泳をしたり

言われた通りに薬を飲んだり

していたのですが

 

それでも、具合が悪くなる時は

具合が悪くなってしまいましたね

 

このように

人一倍、健康に気を使っているのに

健康になれないという

負のループは結局20歳まで

続きました

 

なぜ、「20歳まで」なのかというと・・・

 

その時点で

「今までやっていたことは

全て対症療法だった」

と気が付いたからです

 

世間一般で

「健康に良い」

「不健康の原因を取り除いている」

と言われていることは

 

「症状の原因を無視して

症状を抑えつけているだけ」

 

ということに気が付きました

 

つまり、原因を取り除くことの

重要性を実感したというわけです

 

それ以来、自分が悩まされていた

喘息、鼻炎、そして猫背といった症状とは

全く別の症状でも

健康コンサルができるようになりました

 

今まで30個以上の症状の

健康コンサルをしてきました

 

自分の健康さえままならなかった僕が

なぜ今では他の人の健康コンサルが

できるのか?

 

その理由は2つあります

 

症状にとらわれず

原因を取り除くことの

大切さに気が付いたから

 

そして、健康のためには

努力が必要がないことに

気が付いたからです

 

このブログでは

 

世間一般で

・健康に気を使っていないから

・自己管理がなっていないから

不健康になっている

 

という勘違いをされて

ずっと辛い思いをしている人に向けて

 

原因を取り除いて

努力せずに健康になることの

大切さを伝えていきます

 

あなたは

「努力が足りないですよ」

「もっと健康に気をつけてくださいね」

と言われたことはありませんか?

 

健康に本当に必要なのは

食事制限・生活改善・運動

などの努力ではないのです

 

これらのことに気をつけてきたのに

現在、糖尿や自律神経失調症という人は

本当にたくさんいます

 

「あなたのその症状は

不摂生が原因ですよ!」

「生活習慣の乱れが

いけないんですよ!」

と強く注意されると

 

本当は健康に気を使っているのに

「もしかして、あれが悪かった?」

と思いがちですが、そうではありません

 

そういう偉そうな注意をする人は

ほとんどの場合

あなたよりも健康に気を使ってない人です

 

更に彼らは健康ではなく

糖尿や自律神経失調症などの

症状がまだ出ていないだけの

「不健康予備軍」です

 

なぜなら、健康が

どんな状態か理解していないし

(一言で説明できない)

 

対症療法のための知識が

多いだけだからです

 

原因を取り除くという

文化も発想もありません

 

健康とは

「心も体も原因が貯まっていない状態」

のことを指します

 

多くの人は

「健康に気を使わなければいけない」

「健康のために努力しなければならない」

と言っていますが

 

それと原因を取り除けるかどうかは

全くの別問題です

 

こんなことを言ってはいけない

という風潮がありますが

 

「健康のために

食事制限・生活改善・運動などの

努力は必要ない」

と僕は言い続けます

 

原因を取り除いて

努力せずに楽して簡単に

健康になりましょう!

 

 

 

その1へ続く?