はじめまして!元道(ゲンドウ)です

 

僕は健康コンサルという

健康の相談に乗る仕事をしています

 

僕は生まれつき

虚弱体質で喘息の発作ばかり

起こす子供で

 

低体重児として生まれ

生まれてから1か月は

保育器の中で育ちました

 

その後も喘息の発作が起きる度に

入退院を繰り返して

学校にもあまり通えませんでした

 

また、喘息以外にも

年中鼻炎で鼻水がダラダラで

学校の勉強もなかなか手につかなかったり

よく風邪をひいたり

と散々な少年時代を送りました

 

そんな自分の健康さえままならなかった

僕がなぜ今では他の人の

健康コンサルができるのか?

 

また、僕が昔の僕を困らせていた

喘息や鼻炎以外の症状であっても

健康コンサルができる理由も

順番に解説します

 

僕がどんな信念をもって

健康の情報発信をしているのか?

ということも最後まで読めば

よく分かります

 

喘息という爆弾を抱えながら生きるということ

 

僕は小さい頃からずっと

喘息の発作に悩まされていたのですが

 

喘息ってなったことがないと

どんな発作が起きるか

よく分からないと思います

 

簡単に言うと

呼吸することができなくなります

 

発作の度に

「ヒューヒュー、ゼーゼー」

という感じで息が苦しくなって

 

ひどい場合は

点滴を打ちに行ったり

入院しないといけなかったです

 

更にもっとひどい場合は

窒息状態になり

死んでしまうケースもあります

 

喘息の発作のきっかけに

なるものは僕の場合は

ハウスダストや動物の毛など

だったのですが

 

そういうものがなくても

喘息の発作が起きることは

多々あります

 

まるでいつ爆発するか

分からない爆弾を抱えているような

死と隣り合わせの日々でした

 

僕が今こうして生きてるのは

「運が良かったから」

というだけです

 

将来の夢が医者だと勘違いしていた

 

そんな風だと

何かにつけて病院へ行くことが

他の人より多くなります

 

何となく分かってもらえると

思うのですが

 

入院生活が長い子供に

「将来の夢は?」って聞くと

 

「お医者さんになりたい!」

「ナースさんになりたい!」

という答えが返ってくることが

多いんですね

 

僕も例から外れずに

「お医者さんになりたい!」

という子供でした

 

子供の目から見ると

「自分のことを助けてくれる

お医者さんはカッコイイ!」とか

 

「困っている人を助けられる

ような仕事をする大人になるんだ!」とか

思うわけですよ

 

つまり、当時の僕にとって

お医者さんはスーパースターです

 

だから、あんまり

「社会的地位が高い」とか

「給料が良い」とかの

理由でなりたいと思ったわけではない

ということですね

 

そもそも子供のうちは

そういうことは

よく分からないですよね

 

小学生の時の卒業文集にも

テーマが決まっていなかったのですが

「将来の夢は医者です」

というテーマで書いています

 

ただ、ある時

これは僕の勘違いだった

ということに気がついたのです

 

喘息の根本的な原因に気づく

 

結局、僕は受験勉強がうまくいかず

医学部に進むことはなかったのですが

医療系の大学に進みました

 

まぁ、あきらめきれずに

仮面浪人をしようと

考えていた時期もありましたが

 

自分の中でケリをつけて

大学の勉強に専念することにしました

 

そうして勉強をしているうちに

あることに気がつきました

 

「症状が収まることは

症状が治ることとは別問題」

ということです

 

例えば、僕は

喘息の発作の度に

薬を飲んだり点滴を打ったり

していたのですが

 

これらは喘息を治していたのではなく

「喘息の症状を抑えていただけ」

ということです

 

もし、薬や点滴で

喘息が治るんだったら

僕はあんなに何度も

病院に通ったり入院したり

する必要はなかったのです

 

そう考えているうちに

僕は喘息という症状の原因に

気がつきました

 

僕の喘息の発作のきっかけになるのが

ハウスダストや動物の毛だった

と言ったのですが

 

そういったものは

喘息の原因ではありません

 

ツイッターでよく見かける

「タバコの煙のせいで喘息発作が起きる」

「化学物質のせいで喘息発作が起きる」

という人も同様です

 

喘息の原因は

「発作スイッチ」ができることでした

 

体の中に貯まっている

異物の量がある一定量を超えると

発作スイッチができてしまい

 

ハウスダストやタバコの煙に

発作スイッチが反応してオンになり

喘息の発作が起きます

 

そして、発作スイッチを

強制的にオフにするのが

薬の役割です

 

決して症状の原因を

取り除いているわけではありません

 

また、花粉症も

同じように説明がつきますね

 

ただ、この発作スイッチは

オンとオフを繰り返していても

いたちごっこになります

 

このように症状を抑えることを

対症療法と呼びます

 

昔の僕のように頑張って努力して

薬などで対症療法を続けていても

何の解決にもなりません

 

それどころか悪化してしまいます

 

この発作スイッチを取り除くこと

発作スイッチができる原因になった

異物を取り除くことが大切です

 

僕がなりたかったのは医者ではなく…

 

僕は20歳の頃にようやく

「自分の夢が医者ではなかった!」

「対症療法がやりたいわけではない!」

ということを悟ったのです

 

僕が本当にやりたかったことは

突き詰めて考えると

「健康の悩みを抱えている人の役に立つ」ということです

 

そのためには

「対症療法ではなく

原因を取り除くことが大切」

ということを伝える必要があります

 

僕はそのことに

早い段階で気づくことができて

本当に良かったと思っているし、

 

そのおかげで

健康コンサルタントという仕事を

始める事ができました

 

このブログを読むメリット

 

このブログのコンセプトは

「対症療法ではなく

原因を取り除くことが大切」

「努力せずに楽して健康になろう!」

ということです

 

原因を取り除くことが大切なので

どんな症状でも関係ありません

 

ツイッターでよく

「自分の症状は珍しいです!」

「自分の症状は対症療法もできない」

などのツイートを見かけますが

それも関係ないです

 

症状にとらわれずに

根本的な原因を取り除くことが大切です

 

そして、原因を取り除くことは

「努力しない」ということになります

 

逆に健康において努力とは

「対症療法をやること」です

 

健康に努力は必要ありません

 

食事制限や生活改善、

そして運動よりも

やるべきことがあるはずです

 

努力せずに楽して

健康になることが大切です

 

なぜなら、努力していると

かえって健康になれないからです

 

だから、ブログのタイトルが

「努力ゼロの健康法則」

になっています

 

健康に努力は必要ない

 

僕の健康コンサルは

様々な症状を抱えたコンサル生が

申し込んでいます

 

症状によって

どんなにつらいか苦しい思いを

するかは違いますが

 

どんな症状も

原因があることで生まれ

「原因を取り除いて!」

という意味で体が送るサイン

であることに変わりません

 

だから、健康コンサルでは

症状によってアドバイスが変わる

ということはありません

 

だからどんな症状でも

健康コンサルを受け付けています

 

僕はコンサル生に

「努力してください!」

と言ったことがないです

 

健康にはたった3種類の

「工夫した行動」が必要です

 

あなたも健康になりたいなら

努力せずに工夫した行動を

してくださいね

 

昔の僕と同じ思いをする人を減らしたい

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

  • 検査しても症状の原因が分からない
  • 気のせいじゃない?と言われた
  • 慢性的なストレスや体調不良を感じる
  • 健康を理由に仕事を辞めたくない
  • 健康のために何をすべきか分からない
  • 健康のために大変な思いはしたくない

 

昔の僕のような

「健康のために努力したのに!」

とつらく苦しい思いを

あなたにはしてほしくありません

 

昔の僕がすでに努力したので

あなたには努力する必要がありません

 

そういう思いで

このブログをいつも書いています

 

まとめ

 

このブログでは、あなたが

「健康のために努力する必要はない!」

と気づけるように

様々な記事を用意しています

 

症状にとらわれずに

原因を取り除くことが大切です

 

また、努力せずに楽して簡単に

健康になりましょう!

 

最後にオススメの記事を

3つ紹介しておきます

 

・努力ゼロの健康の秘訣の説明

【食事制限・生活改善・運動は必要なし!】頑張らない努力ゼロの健康の秘訣

 

・あなたの症状の原因の説明

【原因不明なんて言わせない!】全ての症状はたった5種類の原因で出来ている!

 

・絶対に欠かせないメンタルヘルスの説明

【高くなければどんなに素晴らしい健康法も台無しに!?】メンタルヘルスを偏差値で測定して改善する方法

 

 

 

では失礼します