ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

今回は鼻炎について

解説していきます

 

僕は生まれてから20年間

ずっと鼻炎に苦しみ続けていました

 

いつもティッシュを持ち歩き

油断したらすぐに大量のティッシュが

底をついてしまいました

 

親の勧めで

薬や漢方を試したのですが

続けてるうちは

多少マシになるだけで

 

根本的な解決につながりませんでした

 

そんな過去を持つ僕が

 

鼻炎に関して

必ず分かっておくべき考え方として

鼻炎による自覚症状にとらわれず

根っこの原因にアプローチする

ということがあります

 

あなたは鼻炎の原因は

一体何だと思いますか?

 

アレルギー?体質?遺伝?

 

実はどれも違います・・・

 

これが分かっていないと・・・

 

いつまで経っても

どれだけ努力しても

根っこの原因に

アプローチすることが

できません

 

そんなことは

絶対にあってはならないので

 

必ず「根っこの原因」について

知っておいてください

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

鼻炎で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

AさんAさん

自分の鼻炎のアレルギー

症状が気になり始めたのは

中学生の頃ですので

30年くらい前からです。

世の中には自分と違った

症状のかたも含め長く

つらい思いをしてる方も

結構いる事がわかりました

無料レポートを読みに行く

 

次の3つのポイントで

説明していきます

 

  • 鼻炎(アレルギー)ってどんな状態?
  • 薬や漢方は鼻炎のためにどんなことをやってる?
  • 「鼻炎の原因が体質・遺伝」の真相

 

鼻炎(アレルギー)ってどんな状態?

 

まず、鼻炎ってそもそも

どんな状態を指すのでしょうか?

 

もっと、広く考えて

アレルギーでも構いません

 

これが分かっていないと

根っこの原因にアプローチのは

ハッキリ言って不可能です

 

ちなみに、鼻炎や花粉症、そして

喘息などのことは

まとめて「アトピー」といいます

 

アトピーと聞くと

肌の問題と思いがちですが

 

あれはアトピー性皮膚炎なので

アトピー性皮膚炎も鼻炎も

花粉症も喘息も

広い意味でのアトピーには含まれます

 

そして、含まれるということは

どれも体の中での

流れは一緒です

 

そして、鼻炎の流れは次の通りです

 

体に「4種類の原因」が貯まる

「本当の根っこの原因」

自律神経が乱れて

体が不安定な状態となる

きっかけが加わる

:ハウスダストや花粉などの

アレルギー物質(アレルゲン)

自律神経の乱れがひどくなる

さらさらの鼻水や鼻づまりが起きる

:「自覚症状」

 

こういう話をすると

「これはアレルギー反応で

アレルギーの原因は

ハウスダストや花粉だから

仕方のないことだ」

と言われがちです

 

しかし、それは大きな間違いです

 

アレルギー反応は

生まれつき仕方ないから

起きているわけではなく

 

体に4種類の原因が

貯まっているから

起きてしまいます

 

そして、4種類の原因とは

次の4つを指します

 

  • 物質系原因(化学物質やウイルスなど)
  • 感情系原因(ストレスやトラウマなど)
  • 体質系原因
  • 遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

「体質や遺伝が

書いてあるじゃないか!

どういうことなんだ!!」

と思うかもしれませんが

 

「体質と体質系原因」

「遺伝と遺伝系原因」

は全くの別物です

 

これらについては

3つ目の目次で説明するので

お待ちくださいね

 

4種類の原因が貯まると

自律神経が乱れてしまい

体が不安定な状態になります

 

つまり、本来なら

刺激されてもなんともないはずの

「きっかけ」に刺激されて

過剰に反応してしまう

状態になってしまいます

 

で、この状態は

鼻炎で困る人たちにとっては

すごく辛くて苦しい状態なのですが

 

鼻水や鼻づまりといった

自覚症状は体があなたに

嫌がらせをするために

起こしているわけではなく

 

「4種類の原因を早く取り除いてよ!」

という意味で起こしている

言わばSOSサインです

 

ここまでの話を踏まえて

薬や漢方の説明をします

 

薬や漢方は鼻炎のためにどんなことをやってる?

薬や漢方の役割を

単に

「鼻水や鼻づまりを解消してくれる」

と捉えていると

 

いつまで経っても

根っこの原因にアプローチできません

 

薬や漢方がやってることは

「体がきっかけに反応しないようにする」

「本来出るはずの自覚症状が出ないようにする」

ということです

 

これは、鼻炎に関係しない

薬や漢方でも

全て同じことが言えます

 

4種類の原因が体に貯まっていれば

きっかけに反応して

自覚症状が出てしまうのは当然です

 

なぜなら、そうするように

脳が体に命令を出すからです

 

どんな風に命令を伝えるかというと

体の中で伝言ゲームが起きています

 

誰でも1度は伝言ゲームを

やったことがあると思いますが

 

先頭の人が伝えたことが

最後の人に正しく伝わることって

めったにありませんよね?

 

しかし、体の中での伝言ゲームでは

確実に先頭から最後まで

必ず正しく伝わります

 

しかし、例外的に

それが叶わないケースが

あります

 

それが薬や漢方を使った時です

 

薬や漢方の役割を

簡単に説明してしまうと

 

「体の中の伝言ゲームに

途中で割り込んで

間違った情報が伝わるようにする」

というものです

 

その結果、4種類の原因が

貯まっているにも関わらず

鼻水や鼻づまりなどの

自覚症状が出なくなる

 

という不思議な現象が起きます

 

ただし、人によって

個人差が大きいため

薬や漢方が役割を果たせない

ということがあります

 

これがいわゆる

薬や漢方が

「効いた・効かなかった」

ということです

 

しかし、これって

かなり不自然なんですよね

 

原因があるにもかかわらず

自覚症状が出ないというのは

 

例えるなら

「体にナイフが刺さってるけど

麻酔してるから痛くないから

それでOKだよね」みたいな話です

 

でも、普通は鼻水や鼻づまりなどの

自覚症状が続くか止まったかにしか

興味がわかないため、そんなことは

気になりません

 

昔の僕もそうでした

 

しかし、そういう

不自然なこと、今が良ければそれでいいや

という問題の先送りをしていると

 

必ず良くないことが起こります

 

昔の僕がその典型例だったのですが

 

昔の僕は何も鼻炎だけで

困っていたわけではない

ということです

 

喘息も猫背も

片頭痛もありましたし

ちょっとしたことで

すぐに体調を崩していました

 

何が言いたいか?

 

それは次の2つのことです

 

  • 4種類の原因が貯まって(量が増えて)起きる自覚症状は鼻炎だけとは限らない
  • 薬は化学物質なので物質系原因として体の中に貯まる(4種類の原因の量が増える)

 

健康の問題を抱えている人で

たった1つだけの自覚症状で

困っている人は実はほとんどいません

 

あなたにも心当たりはあると思いますが

たいてい複数の自覚症状があります

 

そして、なぜ4種類の原因が貯まって

鼻炎の自覚症状が起きるかというと

 

あなたの体の中の4種類の原因の量が

鼻炎のボーダーラインを

超えてしまっているからです

 

そして、もっと言えば

更にその量が増えていけば

別の自覚症状のボーダーラインを

いずれ超えます

 

そもそも、すでに他のボーダーラインを

超えまくっているということも

あると思います

 

そして、薬や漢方は

体からのSOSサインが

出ないように邪魔するだけなので

4種類の原因の量は減らせてません

 

むしろ、4種類の原因として

体の中に貯まってしまいます

 

ちなみに、4種類の原因は

どんな人に貯まりやすいかというと

 

すでに4種類の原因がたくさん

貯まっている人です

 

つまり、4種類の原因は

貯まれば貯まるほど貯まりやすい

という嫌な性質があります

 

で、4種類の原因が貯まりやすい人には

もう1パターンあるのでそれを

説明しますね

 

「鼻炎の原因が体質・遺伝」の真相

 

4種類の原因が貯まりやすいのは

体質系原因と遺伝系原因が

貯まっている人です

 

  • 物質系原因(化学物質やウイルスなど)
  • 感情系原因(ストレスやトラウマなど)
  • 体質系原因
  • 遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

遺伝系原因は

あなたの遺伝子が決まった時

(体が作られ始めるまでに)

 

体質系原因は

体ができ上がるまでに

(胎児の時に)

 

貯まります

 

つまり、この2つの原因は

生まれつき貯まります

 

ちなみに、遺伝子組み換え○○

というのがありますが

 

あれは遺伝系原因とは

全く関係なく

物質系原因に当てはまります

 

更にちなみに

僕には昔、遺伝系原因が

貯まっていたのですが

今はありません

 

「鼻炎の原因は

体質・遺伝だから仕方ない」

と言われますが

 

実は

「体質系原因と遺伝系原因が

貯まっているせいで

他の原因が貯まりやすくなり

鼻炎のボーダーラインを超えてるから」

が正解となります

 

まとめ

 

4種類の原因が

体に貯まっていると

体が不安定になり

 

ハウスダストや花粉などの

アレルギー物質(アレルゲン)に

反応しやすくなってしまい

鼻水や鼻づまりなどの

自覚症状が起きてしまいます

 

で、薬や漢方は

その根っこの4種類の原因に

アプローチするわけではなく

 

ただ、体の中の伝言ゲームを

邪魔して体からのSOSサインが

出ないようにします

 

そして、薬や漢方を使うほど

4種類の原因は貯まりやすくなります

 

また、体質系原因と遺伝系原因が

生まれつき貯まっている人は

他の原因が貯まりやすく

 

鼻炎のボーダーラインを

超えやすい、最初から超えている

ということがあります

 

また、鼻炎も鼻炎以外も

根っこの原因は共通していて

それが4種類の原因です

 

なので、本当の根っこの原因である

4種類の原因にアプローチすることが

とても大切です

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

鼻炎で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

AさんAさん

自分の鼻炎のアレルギー

症状が気になり始めたのは

中学生の頃ですので

30年くらい前からです。

世の中には自分と違った

症状のかたも含め長く

つらい思いをしてる方も

結構いる事がわかりました

無料レポートを読みに行く

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間

健康になれなかったのは

 

「努力不足」が理由ではなく

今まで受けてきたアドバイスが

間違っていて「工夫した行動」が

できていなかったからでした

 

楽して簡単に3か月で

健康になるためには

 

食事制限・生活改善・運動も

ストレス発散も

心を強くすることも必要ありません

 

あなたの症状を引き起こしている

原因の量を把握して

ゼロにすることが大切です

 

「自分にはどんな種類の原因が

貯まっているのだろうか?」

と心配してしまうかもしれませんが

 

正直なところ、どんな種類の原因でも

取り除き方は変わらないので

それを気にする必要はありません

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは

次の3ステップなのですが

その中でメインとなるのが

「整体っぽくない整体」です

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページの無料レポートで

「整体っぽくない整体」の原理を

簡単に説明しています

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

無料レポートをプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

鼻炎で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

AさんAさん

自分の鼻炎のアレルギー

症状が気になり始めたのは

中学生の頃ですので

30年くらい前からです。

世の中には自分と違った

症状のかたも含め長く

つらい思いをしてる方も

結構いる事がわかりました

無料レポートを読みに行く