ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

今回はかつて僕を長年苦しめた喘息について解説していきます。

 

喘息に関して最も勘違いされがちなのが「きっかけに過ぎないことを原因だと思い込んでしまう」ということです。

 

あなたがどれだけ喘息の原因を避けたり排除したりしているつもりでも、それが「喘息の根っこの原因」ではなく「喘息のきっかけ」に過ぎないとしたらいつまで経ってもどれだけ努力しても根っこの原因にアプローチすることはできません。

 

そんなことは絶対にあってはならないので、必ず「根っこの原因」について知っておいてください。

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

喘息で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

 

次の3つのポイントで説明していきます。

  • 一般的な喘息の原因はきっかけに過ぎない
  • 喘息の人の体の中で起きていること
  • 発作が出なくなれば安心?

 

一般的な喘息の原因はきっかけに過ぎない

一般的に喘息の原因とされるのは次のものです。

  • ハウスダスト
  • タバコの煙
  • アレルギー物質

 

ですが、これらは実は原因ではなく「きっかけ」と言います。

 

「それなら・・・喘息の原因は体質や遺伝?」と思うかもしれませんが、それらも正解ではありません。これらが喘息の原因ではないことは喘息の自覚症状が出る人の体の中の流れを知るとよく分かります。

 

喘息の人の体の中で起きていること

 

喘息の流れは次の通りです。

体に「4種類の原因」が貯まる

「本当の根っこの原因」

自律神経が乱れる

きっかけが加わる

:ハウスダスト、タバコの煙、アレルギー物質

自律神経の乱れがひどくなる

喘息発作が起きる

:「自覚症状」

ハウスダストも食べ物もストレスも喘息の原因ではなくきっかけです。

 

じゃあ、根っこの本当の原因は何か?というと・・・「4種類の原因」です。この「4種類の原因」が貯まって体が不安定になっていることを「自律神経が乱れている」といいます。

 

で・・・

 

この自律神経が乱れた状態に加わるのが、ハウスダスト、タバコの煙、そしてアレルギー物質などのきっかけです。

 

そして、4種類の原因とは次の4つを指します。

  • 物質系原因(化学物質やウイルスなど)
  • 感情系原因(ストレスやトラウマなど)
  • 体質系原因
  • 遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

そして原因ときっかけの違いは・・・

原因:すでに体の中に貯まってしまっているもの

きっかけ:体の外から中に入ろうとする刺激

 

ハリーハリー

きっかけに気をつけていたら

原因も減っていくの?

ゲンドーゲンドー

それが減らないんだよね・・・

 

体の外から中に入るのは簡単なのですが、体の中にすでに貯まったものを自力で外に出すのは難しいです。よくデトックスと言われることがある運動やサウナなどで汗を流すこともこの4種類の原因のアプローチには全く役に立ちません。

 

しかも、4種類の原因は「貯まれば貯まるほど貯まりやすい」というやっかいな性質がある上に「4種類の原因の量が多くなるほど自覚症状がひどくなる」という傾向もあります。

 

それで・・・

 

「喘息の原因は体質や遺伝」と言われてしまうのはこの話がよく分かっていないからと言えます。だから、4種類の原因についてよく分かっておく必要がありますね。

 

ちなみに・・・

 

広い意味のアトピーにはアトピー性皮膚炎だけではなく鼻炎、花粉症、そして喘息などが含まれるのですが(だから、どれも自覚症状が出るまでの流れが同じです)

 

僕の場合だと昔、喘息と鼻炎があり、本当の根っこの原因は共通していました。

 

どんな自覚症状が出るかは個人差が大きいのですが、根っこの原因はどんな自覚症状の場合でも共通しています。自覚症状ごとにアプローチするのではなく根っこの原因、つまり4種類の原因にアプローチすることが大切です。

 

4種類の原因の説明

 

発作が出なくなれば安心?

ちなみに、喘息や鼻炎があった昔の僕の場合だと4種類の原因が肝臓や肺に貯まっていました。

 

そして「喘息発作が出なくなったから自分はもう大丈夫」と勘違いしてしまった人が年齢を重ねてから再発するということがよく起きます。

 

喘息の場合だと体力をつけることが対症療法になることが多いです。なので、子供の頃は発作がよく起きていたけど、大人になるにつれてだんだん発作の頻度が減っていく人が多いです。でも、これって発作が出なくなるだけで根本的には何の解決にもなっていません。だから再発ということになります。

 

症状や発作が出ているかどうかに気を取られるのではなく根っこの原因、つまり4種類の原因にアプローチすることが大切です。

 

まとめ

一般的に喘息の原因と言われている次の3つはきっかけに過ぎません。

  • ハウスダスト
  • タバコの煙
  • アレルギー物質

 

また、症状や発作が出ているかどうかではなく根っこの原因、つまり4種類の原因の量がゼロになっているかどうかを大切にしたいですね。

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

喘息で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間、健康になれなかったのは「努力不足」が理由ではなく今まで受けてきたアドバイスが間違っていて「工夫した行動」ができていなかったからでした。

 

楽して簡単に3か月で健康になるためには、食事制限・生活改善・運動もストレス発散も心を強くすることも必要ありません。あなたの症状を引き起こしている原因の量を把握してゼロにすることだけが大切です。

 

「自分にはどんな種類の原因が貯まっているのだろうか?」と心配してしまうかもしれませんが正直なところ、どんな種類の原因でも取り除き方は変わらないのでそれを気にする必要はありません。

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは、次の3ステップの方法だけなのですがその中でメインとなるのが「整体っぽくない整体」です。

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページの無料レポートで「整体っぽくない整体」の原理を簡単に説明しています。

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

無料レポートをプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

喘息で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く