ゲンドーゲンドー

どうも!
努力ゼロの健康を伝える
ゲンドーです
⇒プロフィール

 

今回は

自律神経と関係が深い

閃輝暗点」の記事です

 

閃輝暗点が起こる原因は

頭の脳の物を見る中枢と

いわれる部分の血管が収縮し

一時的に血の流れが変化するため

と一般的に考えられています

 

が・・・

 

これは原因とは言いません

 

この「血管が収縮して

血流が変化する」

というのは

原因ではなく

原因による結果です

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

閃輝暗点で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

 

今回は次の3つのポイントで

説明していきます

 

  • 閃輝暗点の一般的な原因は「原因による結果」に過ぎない
  • 閃輝暗点と自律神経
  • 自覚症状が閃輝暗点なのは単なる個人差

 

閃輝暗点の一般的な原因は「原因による結果」に過ぎない

 

 

頭の脳の物を見る中枢と

いわれる部分の血管が収縮し

一時的に血の流れが変化するため

 

というのが一般的に

閃輝暗点の原因

とされていることなのです

 

が・・・

 

あなたには

次のように考えてほしいです

 

「なぜ閃輝暗点が起きるほどの

血管の収縮が起きてしまうの?」

 

このように「なぜ?」

と考えることが

本当の根っこの原因に

アプローチするための

第1歩です

 

閃輝暗点と自律神経

 

で、血管の収縮つまり

血管の動きのコントロールをするのが

「自律神経」です

 

自律神経はあなたの体の中の

内臓、血管、筋肉、骨、そして骨など

ありとあらゆるものを

コントロールします

 

ですが、僕が言いたいのは

「閃輝暗点の原因は

自律神経の乱れだ!」

ということではありません

 

なぜ、自律神経が乱れるか?

ということを考える必要があります

 

そして、その流れは次の通りです

 

「4種類の原因」が貯まる

「本当の根っこの原因」

自律神経が乱れる

血管のコントロールが

うまくいかなくなる

閃輝暗点など

:自覚症状

 

この流れを踏まえると

実は自律神経の乱れは

閃輝暗点の

根っこの原因ではないことが

分かります

 

じゃあ、根っこの

本当の原因は何か?

というと・・・

 

「4種類の原因」です

 

この「4種類の原因」が貯まって

体が不安定になっていることを

「自律神経が乱れている」

といいます

 

そして、4種類の原因とは

次の4つを指します

 

  • 物質系原因(化学物質やウイルスなど)
  • 感情系原因(ストレスやトラウマなど)
  • 体質系原因
  • 遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

「4種類の原因」は

あなたの体に貯まって

量がボーダーラインを超えて

自覚症状を

引き起こしてしまうのですが

 

なぜ、偏頭痛ではなく

閃輝暗点が起きるのか

分かりますか?

 

自覚症状が閃輝暗点なのは単なる個人差

 

偏頭痛ではなく、閃輝暗点なのは

血管の収縮が起きる場所が違うから

 

と言ってしまえば済む話なのですが

 

同じように4種類の原因が貯まって

閃輝暗点が起きる人もいれば

偏頭痛が起きる人もいて

 

更には、両方とも

起きるという人もいます

 

この理由はなんなのか?

 

と症状を中心に考えてしまいがち

なのですが・・・

 

あなたが中心に考えるべきは

根っこの原因

つまり4種類の原因の方です

 

  • 物質系原因(化学物質やウイルスなど)
  • 感情系原因(ストレスやトラウマなど)
  • 体質系原因
  • 遺伝系原因

 

4種類の原因の説明

 

あなたが

閃輝暗点になるのか

偏頭痛になるのか

両方ともになるのか

 

それとも全く別の症状が出るのか

というのは

単なる個人差によるものです

 

「4種類の原因が貯まった場合に

そういう自覚症状が起きる体である」

というだけの話ですし

 

自覚症状を対症療法で

抑えられるかどうかも

また個人差です

 

そう考えると、自覚症状を

中心に考え対症療法を続けても

キリがありません

 

なので、最も大切なことは

根っこの原因を

中心に考えることです

 

まとめ

 

頭の脳の物を見る中枢と

いわれる部分の血管が収縮し

一時的に血の流れが変化するため

 

というのが一般的に

閃輝暗点の原因

とされていることなのですが

 

実は本当の原因は

血管をコントロールしている

自律神経の乱れ

 

ではなく・・・

 

その自律神経の乱れを

引き起こしている

4種類の原因と言えます

 

4種類の原因が貯まることで

どんな自覚症状が出てしまうかは

単なる個人差なので

 

自覚症状を中心に考える

のではなく

4種類の原因を中心に考える

ことが大切です

 

そして、そのように考えた上で

どのように行動していくか?

 

というと・・・

 

ゲンドーゲンドー

実践的な内容をまとめた

無料レポートがあるよ!

ハリーハリー

この記事と合わせて

レポートも読んでみてね!

閃輝暗点で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く

 

ゲンドーゲンドー

あなたに実践してほしい

3ステップの方法の説明は

最後に書いてあるよ!

 

僕が20年間

健康になれなかったのは

 

「努力不足」が理由ではなく

今まで受けてきたアドバイスが

間違っていて「工夫した行動」が

できていなかったからでした

 

楽して簡単に3か月で

健康になるためには

 

食事制限・生活改善・運動も

ストレス発散も

心を強くすることも必要ありません

 

あなたの症状を引き起こしている

原因の量を把握して

ゼロにすることが大切です

 

「自分にはどんな種類の原因が

貯まっているのだろうか?」

と心配してしまうかもしれませんが

 

正直なところ、どんな種類の原因でも

取り除き方は変わらないので

それを気にする必要はありません

 

整体っぽくない整体の説明

 

あなたにやってほしいのは

次の3ステップなのですが

その中でメインとなるのが

「整体っぽくない整体」です

 

①メンタルヘルス測定

→量を貯まりにくく減らしやすく!

②「整体っぽくない整体」の卒業

→種類と量を把握しゼロに!

③健康アイテムの使用

→ゼロを維持!

 

整体っぽくない整体の説明

 

次のページの無料レポートで

「整体っぽくない整体」の原理を

簡単に説明しています

 

ゲンドーゲンドー

ここまで読んでくれた

本気で真剣なあなたに

整体っぽくない整体の

より実践的な内容をまとめた

無料レポートをプレゼント!

ハリーハリー

次のページから読んでね!

閃輝暗点で悩んでいた人達から

大好評の無料レポート!

無料レポートを読みに行く